KAORISSIMA by メッセージを伝えるアクセサリー

by KAORI OSANAI

変容の季節とイメージスキル

野望元年。

今年はわたしも「さて、どうしたものか」と思うところがあり、

それは年初から、実は頭の片隅にある「真剣なこと」なんだけど、

まったく言語化できないので今まで書かずにきた。

 

あ、それは「真剣なこと」であって「深刻なこと」などではない。

自分がワクワクすること、いやーワクワクっていう言葉も厳密にはなんか違うな、

自分の絶対的な満足

かな?

について、真剣に漠然と考えに考えている。

 

んで、それは一切言語化できない。真剣に漠然としてるからね。

 

しかし、この真剣に漠然としたものを、そのうち言語化して、

自分の絶対的な満足というものに向かい始めたら

そのプロセスも含めて、自分が取り組む中での「こう考えたらいいよ」とか「こうするといいよ」は、

いろんな人の役に立つだろうと思っている。

 

 

だいたい、

たいていの悩みや行き詰まり、あるいは自己肯定感の持ちづらさは、自分の中のモヤモヤを、モヤモヤのまま持ち続けていることが原因で

その解消のためには、宇宙の真理や魂の仕組みをきちんと知ることは役に立つし、

その上で、自分がはまってしまっている「変なスパイラル」(= 悩みや行き詰まり、あるいは諦観)から抜け出るために

固定観念化したパースペクティブ(世界の見方)を変えることは、ジャンプアップするためには必須のことだと思う。

 

そのお手伝いを、わたしは個人セッションでしているわけだが、たいていの人はその時何かを掴んでくれる。

でも、それだって1回で何もかもが劇的に変わるケースは、正直そんなにあるとは思えない。

たとえ瞬間的に腹落ちしても、自分のスタンスとして定着するまで世界の見方を変えるトレーニングは必要だ。

「慣性の法則」というもんがある以上、人はやっぱり元に戻ろうとするものだから、それなりの根気はやっぱり必要。

(だから何度でも来て欲しいけれども、依存になってしまうのは良くない。かといって、セミナージプシーみたくなってしまうのも、もっと良くない。

そーゆーわけで、数ヶ月の寄り添いコースを設けたわけだが。)

 

 

で、その上で、

「実は問題なんかどこにもない」という上で、

もっと潤沢にいろんなもの(例えばお金だとか、愛情だとか、人材だとか)がまわる、巡るには、どうしたらいいのかって話がある。

 

そこに必要なのが「野望」だ。

まず必要なのが「野望」。この絵で言うと1)Dreamの部分。

「目標」っていうのは2)。

1)はでかければでかいほどいい。アホみたいにでかいことがよろしい。

 

で、そこに必要なのが「想像(イメージ)する力」つまりスキルだ。

このスキルに関して、わたしは先天的なものを持っていると思う。

ある時期まで、そんなもの誰でも持っているものだとばっかり思っていたが、そーゆーことではないらしい。

あー、それならこのイメージスキルをみんなに教えたら、みんな割と簡単にハッピーになれるぞ?

と思いついたのが、ここ2年ほど「新年会」として開催している「イメージスキルを上げる」ワークショップだ。

 

だって、実際わたしは人生のほとんどを、このイメージスキルだけで生きてきたようなものなんだもの。

すごく追い詰められて、やばい、もうダメだ!と思ったことなんていっぱいある。

でもなぜか、「そのまま自分が哀れな末路になる」なんていう想定は一度もしなかった。

それで、なぜか、危機脱出の「ガムシャラな努力」とかをしなくても、危機は脱出できていた。

後から考えればそれはイメージスキルだし、ハッピースキルでもあったんだよねえ、、、、

 

そんで、今わたしはハッピーだし、特にヤなことはないし、何の問題もない。

だって、そもそも問題はないんだもん。

で、ふと思った。

わたし欲がない。

だったら、もっと何かを望んでもいいんじゃないか?

そしたら何が起こるんだろう?

と。

そんなふうに、漠然と真剣に考えている、というのが今日の話の冒頭。

 

 

この話はまだまだ延々と続くと思われるけれど、

今日のまとめとしては

1)今、自分はその位置にいるよ

ということと

2)イメージスキルのレッスンはちょくちょくやろうかなと思ってるよ

 

2)に関しては、ほんとに単純なことで、みんなの意識が変わるなら、めちゃイイもんね。

 

ということだな、うん。

 

 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X