KAORISSIMA by メッセージを伝えるアクセサリー

by KAORI OSANAI

信じられないけど、母の変容を確認した(!)

あの、ちょっと今、かなりコーフンしてこれ書いています。

コーフンしていますが話は全て100%真実です。「話8割」じゃないからねーちょっとー!まじだから。

 

って、一旦冷静に、冷静に。

 

えっと、マリアグリッドを生み出してから、これは凄い!と確信して、一刻でも早くみんなにお分けしたい。

オーラの色に対応させるよう、足りなかった赤とブルーの材料も仕入れた。

中心に置くべき水晶ポイントは、絶対にわたしと縁のあるブラジル産にしようと決めて、あれこれ物色し、見つけた。

昨日からマリアさまの制作を開始。朝っぱらから夕方まで引きこもって一心不乱にやった。

 

それで、わたしの心境に変化が起き始めたことは昨日書いた。

マリアグリッドでわたしの変容が始まったかもしれない

 

 

朝になって、メッセンジャーの音がして

見ると紫鯨亭さんだった。

「実家の件ですが、色々とみてみたところ、お母様(とその存在)も、本当は楽になりたい、手放したいようですね。でも、あなたとの衝突で、家を恐ろしい場所にせざるを得なかった、というような感じです。だからあなたが今、自分自身のグリッドをいくつか緩めて、ちょっとゆるい空間を作ってあげたらどうですか?」というようなこと(実際はもっと意味わからない専門的な用語が出ていた)が書かれていた。

パッと見て、わたしは

「そっか、そうだったんだ。やっぱ昨日書いたことと合ってんな。母も実際はそう思ってるんだ、、、、」と納得した。

しかし、

それは夢だった!

ということを、次の行動で知ることになる。

起きて、トイレに行き、そうだ紫鯨亭さんに返信しとこう、と思ってあいほんを手に取った。

紫鯨亭さんからのメッセージが入っていた。

 

が、内容は、

単に次回の施術の日程について

だけだった。

 

あれ?さっき実家の件でなんか言われてたのに!

となって、え、それは夢だったのか!とわかった、という始末。

 

変なの〜と思ったが、

まあ、でも、夢の中のメッセージに関してわたしは「そうかそうか」と感じ入ったので、真に受けることにした。

 

で、今日も、マリア制作だが、これ、ものすごく時間がかかる作業で、一人でやったらいつ出来上がるかわかんない。

そこで、信頼できる友達Sちゃんに、ヘルプに来てもらうように頼んだ。

彼女にも、「マリアグリッドを並べる」を体験してもらい、やっぱりものすごいエネルギーが発生することを確認した。

彼女は途端にスッキリした顔になった。

 

量産はできないが、今日、全ての色を一旦揃えることができた。

そして、デスクの上に並べてみた。

ふと、朝のメッセージの件を思い出し、母に電話してみよう、と思いついた。

そしたら、

なんと!

母の声は「普通」だった。(やばい時とは明らかに違う)

 

ほっほーーーー!まじか!と思いつつも「ウィルスがあれだからあんまり出歩かない方がいいよ」と言ったら

「そうよね〜。そうするわ。ありがとう!」

と言った。わたしは耳を疑った。この素直な反応!

「週末でも、ご飯食べにどっか行こうか?」と言ったら

「うん、ありがとう!」と言った。

びびった。

そういう反応は、まずここ数年、ありえないことだった。いや、数年どころじゃないわ。

彼女はこの通話の中で何回か「ありがとう」と言い、わたしは確信した。

確実に何かが浄化された!

週末会って、母の顔も「普通」になっているかどうか、確認する。

たとえ3割でもマシになってりゃ、相当いける。

 

 

さらに驚いたのは、

帰宅したSちゃんが、「長男から嬉しい知らせ」「長女からも嬉しい知らせ」が舞い込んだ!と喜びの声を投稿していたこと。

 

なにこの即効性!

 

というわけで、

非常に驚き、かつ、絶対的な確信を得た!

マリアグリッドは相当使える!

 

読んでくれてありがとう!

またね!

Kaorissima マリアグリッド 

おすすめアイテムも見てね

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X