KAORISSIMA by メッセージを伝えるアクセサリー

by KAORI OSANAI

他責の可能性を排除した上で決めたらいい

いやーーーーーーーーーーー今日も作った作った!

さぞかし出来ただろう、と

合わせたらたったの4セット。

・・・・・そんなもん。家内制手工業とは、そんなもん。

しかし休日はDNが「クレイを捏ねる」を手伝ってくれるから、はるかに捗る。

男の人の物理的な力って、やっぱすごいものがあるなーと思います。単純に、ありがたや。

 

もし仮に、「新型コロナ」の件で東京が封鎖され、

DNが自宅ワークになったら、もっと捗るのではないだろうか。。。。などと考えてしまうわけでございます。

 

ええ、

最悪の想定をし、最高の場面を先んじて探し出し、笑う。

イメージスキルの話でございますね、これも。

 

 

まーしかし、

今もう、とにかく毎日アホみたいに捏ねて、成型して、焼いて、冷やして・・・・・

って「これまじで修道院やんけ!」と思う日々。

一周回って、坂ノ下修道院か!

(一人じわじわウケている)

 

 

さて、前の記事で本当にわたしが言いたかった密かな裏テーマは

いちいち人の承認を得なければ進めない癖をやめましょう

ということです。

 

誰々にいいって言われた

誰々にダメって言われた

気づいてください。両者とも同じことです。

とにかく、自分で決めて、自分で選択するのです。

意識して自分で選択し、その選択に責任を持つのです。要するに他責の可能性を徹底排除するのです。

自分がやりたいからやる。

物事すべてそれだけ。それ「だけ」です。

 

人がいいって言っても、いいかどうかはわからない。

人がダメって言っても、ダメかどうかはわからない。

 

 

そりゃもちろん、あの人に褒められたら嬉しい!ていう人は、わたしにだっています。

でもその人に褒めてもらいたいがために何かをする、ということはありません。

その同じ人にダメって言われたら、「へー、なんでかなー?」とは考えるでしょう。

理由はすぐにはわからないかもしれない。

それでも、自分が「イイ」だと思えば、とりあえず即座に考えを翻すようなことはしませんし、凹むことすらないでしょう。

疑問であれば尋ねることもできます。

でも、だいたい、すぐに答えが出るものなんて、大したことじゃあないって思ってます。

いつか「わかった!」ってなる時が来るし、その喜びを大切にしたいです。

いずれにせよ、人に褒められるために生きているわけではないし、

誰かに褒めてもらわなければ先に進めない、というような「壁」はぶっ壊した方がいいと思いますよ。

あくまでも、わたしはね、そう思いますけど。

 

それからついでに、見えない世界を「探求する」ことと「依存する」ことはまるで違うと思っています。

まーほとんどのセミナージプシー、修行ジプシーは依存だと思います。

依存と他責って近いところにありますよ。

 

わたしたちは「星の王子さま」に出てくる

一人で命令して一人で実行する星の王様と同じ。

 

読んでくれてありがとう!

またね!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X