KAORISSIMA by メッセージを伝えるアクセサリー

by KAORI OSANAI

忍耐というものにはしどころがあるんじゃないの?という話

皆さんはどう思っているか知りませんけれども、イタリア人は忍耐強いです。

少なくとも、わたしは数年暮らした経験上、そう思います。

 

今回、このコロナ騒動で町が封鎖された彼らのあり方、

バルコニーに出て音楽を奏でたり、歌を歌ったり、病院で働く者たちへの賛美と感謝を表す手拍子をしたり、

つまり「陽気で楽しそうな様」が、インターネットを介して世界中に配信されている。

そんな彼らを見て、

「わたしの好きなイタリアが帰ってきた!」

と感じて、なんだか胸を熱くしています。

 

正直、ここ10年ぐらいのイタリア、もしかしたらベルルスコーニ以降のあの国は、

少なくともわたしにとって、「良さがわからない」というか、ただのつまらない国になり下がってしまったと感じていた。

彼ら特有の、能天気なしたたかさというか、

多少バカでも人はいい、「どうせ俺らバカなんだからせいぜい楽しむよ」みたいな感じとかがあんまり感じられなくなって(もちろんわたしの肌感覚で言ってますよ?)

特色を捨てて「普通を目指す」みたいなことでは何が面白いのかわからない。

よってイタリア事情にも、そんなに関心をなくしていたわけですが。

 

この機会によって

真の忍耐とは何か

がワールドワイドに知れ渡ることになるとすれば、素晴らしいことなんじゃないかと思います。

 

そこで思ったんだけど、忍耐には、「し時」というものがあって

イタリア人はそれをよくわかっているんじゃないかと。

 

あの人たちは日頃「さあ、みんなで!」みたいな行動は一切取れない人たちです。

ちょっとしたことでもやいのやいの、口々に言いたいこと言って、絶対まとまらない。

あの人たちが団結できる最高人数は「11人」が限度と決まっています(もちろんサッカーのことだよw)。

ムッソリーニだって、イタリアを「統一」することなんか無理だと言っていたわけですから。

そのようにして、割とどうでもいいことに関しての忍耐はゼロです。ゼロ!

「決まり事を守らなくてはいけない」という発想がない。何かと抜け道を探そうとします。

わたしも同じだからよくわかる!

 

だけど、ここぞ!という時には

まさに今みたいな状況では、

誰もガタガタすることなく、(そりゃ中には一定数いるでしょうけれど)

各自がそれぞれの方法で楽しむことをみつけ、みんなそれぞれが勝手にアゲることをやって、周囲もそれに乗っかる。

だって、今ガタガタ言ったってしょうがないじゃん。

 

普段「忍耐」を小出しにしない分、温存されていた「でかい忍耐力」」が出るんじゃないのかな、って考えた。

引き換え、日本人のバーイ、小さなことでもすぐに我慢してしまう。それが美徳と勘違いして。

自分が我慢することで解決しようとする。だから我慢しない人が出るとみんなで叩く。それが正義だと思ってるから。

でも、そんな風にして、いわば日常がミニミニ忍耐の連続なので、ここぞっていう時がいつなのか、もはや自力ではわかんない。

「機」がいつなのか、自分で計る能力がないというか。

人の忍耐力の総量が決まっているとすれば、普段から使いすぎてると、本当の忍耐が必要な時に足りなくなるんじゃないか?

などと、わたしは思いましたよ。

 

まー、単に好みの問題かもしれません。

わたしはプチ我慢を重ねて、本当にやばいって時に爆発しちゃうような生き方より

普段は我慢しないけど、本当にやばい時にはブレない、って方が

数万倍かっこいいと思ってしまいますよって話。

あなたはどっちが好きですか?

お好きな方を選びましょう。

 

「街なかでの社交」が、日本人の20倍ぐらいの重みを持ち、ほぼ生きがいのひとつとも言えるイタリア人にとって

引きこもりを強要されているこの数日間の苦痛は、想像するに余りある。

要するに暇で退屈極まりない日々だろうと思うのです。

ま、それでも愛人とデート♡とかには、我慢できずに出かけていくんだろうな、なんかもっともらしい理由を作り出して。

・・・などと考えると、ちょっとじわじわウケたりします。

 

少なくとも、イタリアにいるわたしの友達は、誰一人として

しょーもない不安ベースの情報をシェアしたりもしていないし

不満を漏らしたりもしていない。

あーーよかった。わたしはそんなやつらの友達で、って思います。

「腐っても文化がある国」の底力を感じる。

イタリアばんざい!

能天気力は1日にして成らずだよ!

 

読んでくれてありがとう!

またね!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X