KAORISSIMA by メッセージを伝えるアクセサリー

by KAORI OSANAI

いや〜、わからなくなってきました。わからないよ。

今日まで、なんとな〜〜〜〜く、マイ仮説としてわかっていた、理解していた(という気になっていた)コロナウィルスに関するわたしのヨミね、

これぜんぶ御破算にした方がいいと思い始めてきた。

というか、御破算だわ。

だって、あまりにも何かがおかしいんだもん。

それでナウ現在わたしのスタンスは

なにひとつわからない!

というところに置いています。

 

つまり「前提条件のすべて」を自分内で一旦チャラにした、ということ。

 

やっぱりね、

何かが変だ。

変すぎる。

今日の「変すぎる」は、この国の後手に回りすぎる対応が変という話とはちょっと別だからね。

 

 

とにかく、夥しい種類の情報という情報が出回っていて、

ちょっと一周か二周して、完全にわからなくなった。

ただもちろん、あらかじめ言うけどわたしのバーイ、ほとんどすべての興味は

「だから、裏の裏は何?」

というところ一点のみで言っていますけれど、

 

これ、読み解くのが非常に厄介なのは、

あまりにも複合的な要素があり過ぎる

という点。

謎のウィルスがあって、ものすごい感染速度で広まって、大都市で死者が出て、世界中が封鎖されている、医療現場は大変!

ということが事実。

そこに、なんやかやいろいろ乗っかっている。

レポートされている死者の数は正確なのか?

だいたいそれがよくわからない。

 

 

で、とにかく、これは人類とウィルスとの戦いというより(そもそも戦いなのか?って思うけど)

単なる情報戦

なんじゃないのかということ。

「単なる」ってゆーのもアレだけどねえ。。。

まあゆっくり効く神経ガスみたいなもんじゃないの?

 

 

で、今日の結論を言いますと

もしかして正義がどこにもない話

なのかも知れないよ、ということ。

これ重要だと思う。

 

でね、

もし、このナウ、一番ホットな最新脳内仮説(めんどくさいから書かないけど)が正しかった場合

ことによると、ロックダウン渋ったあべちゃんえらい(えー?!)

って話だって結果としてあり得たりするんじゃねーか?

という可能性すらあるんだよ、ある。

 

ま、そんぐらいわかんなくなってきました。

ということをひとまず言いたい。

 

 

で、超念のため言っておきますけど、これを書いているのは

わたしの説が正しいよ!という意図は1ミリもなく

自分の脳内整理のために書いている。

で、今後、コロナについて書く時は、すべて「自分の脳内整理のため」だからね。

というのも、これ全容が絶対に見えない。絶対に。

というのは、いま流行ってるコロナ「第一波」が収束したら見える話でもないと思うんだよ。

なのでどのような地点においても「プロセス」でしかないってことだよ。

つまりすべてが「仮説」ですべてが常に脳内更新されなきゃいけないような話。

(それは疲れちゃうよね。だからよいこのみんなは、これ関連の一般情報からできるだけ遠ざかって、

ただただ免疫力を上げることに努めたほうがいいと思うよ。免疫力を上げるに必須なのは「情報遮断」だよ)

 

 

で、たぶん今後、一般的なその辺の誰かと、わたしの脳内推理、脳内仮説(つまり妄想)は

一切噛み合わない方向に行くだろうことが

かなり明白になってきた、ということも感じている。

 

だってね、なんと言っても、この脳内推理は

「あまりにややこしいから、今度会ったら詳しく話すわ」

なんてことが

これ、全世界で、一切できないんだよね!

ということだけは事実!!!!

 

要するに我々クラスが、手分けして得意分野ごとの情報を集めたのを持ち寄って

それぞれテーブルの上に広げてみる〜精査して組み立ててみる

ということができないんだよ。

で、それができないことが「仕方がない」どころか、ある種の社会正義として

人が集まることは悪だ

という風潮が、すでに出来上がっている

ということも事実。

 

ちょっとうすら寒いものを感じるナウ。

 

 

でね、

事実として

1)コロナウィルスというものがあるようだ

2)ワクチンは、まだない

 

この2点だけをじっと見つめていると、

あれ?わたし、インフルエンザのワクチンですら拒否してるんだよなあ。

それは今んとこ接種するしないは自由だよなあ。

でも待って、「人に移さないために」が大義名分になると

仮にコロナのワクチンが出たら、それを拒否することは容易ではなくなるよね。

・・・・ていうことを考えますれば、

さらにうすら寒さが増すわけでございます。

 

今、人は、恐怖に支配されている。

恐怖が主導権を握っている。

 

恐怖は安心の対義語だから、

「安心」が脅かされるとヒステリックな条件反射になったりする。

例えばこの辺でも、「今日海に入った地元のサーファー恥知らず!」みたいな声もでたり。

なんで?って、地元のやつが入ると、他県からも押し寄せるから、ウィルス運ばれるから、ということらしいんだけど

一見、確かになあ、、とは思うものの、何かがモヤモヤする。

「自分のせいで誰かが死ぬことになるかも知れない」は、もしかしたら

わたしたちが感じる中でも、一番の恐怖かもしれなくて、かつ、人にそれ言われたら何も反論できなくなるよね。

で、その恐怖の前には、簡単に思考停止になるのも事実。。。。。

 

 

 

そんで、

とにかく、これ、

誰のことも責めてはいけないゲーム

なのではないか、とも思う。

だって、本当に何が正解か、実は一切、何もわかってないんだもん。

 

今後この件ボチボチ書くかもしれないし、やばいと思われる記事は時間が来たら消します。

 

まあ、とにかく我々は、自分たちの「精神の健康」と本来の振動数をキープするということだけが大事!

力んだり、頑張ったり、周囲を見張ったりすることは無意味どころか、自分を消耗させるだけ。

 

 

ほんじゃ、またね!

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. なるほど!
    そういうことでやんしたか~あれほどの良記事が表から姿を消してしまった理由は。
    (実はコメント入れなかったことにプチ後悔してました)

    つまるところ、「正しい意味での自己責任」が基本の世界がやってきた(くる)わけですな。
    そして、付随して私が願うのは、かおりさんのその手の記事が、消されることなくとどまり続けても安心(w)な世界に、よりいっそうなっていく…ことでやんす(微笑)

    それでね、かおりさんに今一番言っておきたいこと。
    仮に菌を誰かに移してしまったとして、そのせいでその方が亡くなっても、それは究極その方の真意であって、けっして移した人のせいでも責任でもありません。
    あるとすれば、「うつしてしまった」という思いからくる学びを、その人がしたい~だけのことであったりします。

    かおりさんならわかってくれると思い、私もこのようなコメントを残させていただきます(-人ー)
    やばかったら消してくださいネ。

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X