オサナイカオリノシゴト

KAORISSIMA ENERGY WORKS

時間経過は直線ではないというか、なんというか、、、、

誰も知らない未来を創造しよう


つらつらと。

 

実家に行って、なんとなく母とコロナの話とか、この先の見通しとか、わたしなりに考えている「想定」などを共有してきた。

母は、昨日ちょっと心配だと書いたけど、まあ普通だった。

去年一年間、父があんなことになってたから手付かずだった庭を、植木屋さんが入って綺麗にしてくれたということだったけど、

どういうわけだか、井戸の裏(龍脈の場所)に、大きめの石がごそっと集められていたので、なんだかわからないけど積んでみた。

紫鯨亭さんに写真を送って、検証していただいた。

まあ、しばらく様子を見る感じ。

そういえばこの中のいくつかの石は非常に見覚えがある。ジイさんが盆栽をやっていたので、それに使うものだとかなんとかで、わたしが幼児の時にはすでにこれらはあった。

今見ると綺麗だなと思う。昔は何にも感じなかったのに。

 

 

いやー、実家って面白いって思った。自分の育った部屋って、「自分の宝庫」じゃん!て思った。

実家を出て20年以上。

超最近でこそ、頻繁に行き来しているものの、そういう意味では約20年、ほとんど寄り付かなかったわけだから、ましてや家を出てからわたしの部屋は大幅な物置き化していて、行っても自分の部屋で「過ごす」などということは皆無。

もはや自分が暮らしていた時の「感じ」などは取り戻すべくもない。

ある意味わたしにとって不思議な場所。

昔の自分を発見する場所というか、なんというか。

 

今日、唖然としたことがあった。

まあ、わたしは本が好きで、とにかくやたらと買うわけなんだけど、それはもう、昔から。

昔の方が買ったものを読む率は今よりはるかに高かったけど、「買って、読まない」は普通のこと。

本棚をゴソゴソしてたら、パッと目に入ったのがこれ。

まるで覚えがないのだけれど、わたしこんなの買ってたんだ!!!!という衝撃。

いつのだろうと思ったら1988年。

 

覚えもないし、読んでもいない。

買ったということは、何か買う動機が少なからずあったはずだが、まるで見当もつかない。

けれど、こんな本があったとは知らずに、わたしはここ最近、バスクにはなかなかの関心があって、考えたら2016年と、一昨年の2度にわたってわざわざ訪れている。

なんか言いようもない、非常に不思議な感覚だ。

今関心を持つものは大抵、実はとっくの昔にひと舐めしていたものだってことばっかりだ。自分というものの中にある垂直なスパイラルみたいなもんを感じる。要するに時間や思考、嗜好というのは一直線ではないというか。(うまく表現できない)

 

ま、どんなお話が綴られているのか、なんだか読まざるを得ない気になって持ち帰ってきた。

あっちからこっちに、ただ単に移動させただけってことにならないように、読んでみよっかな。

 

そうそう、本棚をゴソゴソしたのは、ダリのタロットカードを探すためだった。昨年、同様の本は発掘できたけど、カードはまだ見つけていない。今日も探すのがやんなった。

どこ行っちゃったんだろう。。。これは買ったことも、カードの装丁も、色も覚えているのに。

そう、1990年にミラノで買ったと思う。

 

そんなとりとめもない話。

 

読んでくれてありがとう!

またね〜

 

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た不調、長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなど即効対応します



神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー



本日の記事

諏訪!知りたかった謎がちょっと解けた!
WORLD
や、ちょっと何から書いて良いやら掲題の件。めちゃくちゃ静かにコーフンしています。 ずーっと気にしていたけど、去年はあえて無視していた諏訪。ちなみにこの2年ほど行ってないし、諏訪の本も読んでない。 謎多すぎる諏訪は、わたしの中では「絡まった毛...
このタイミングでとんでもないものが眠りから覚めた
CULTURE
とんでもないものが、「今」という時代のタイミングで出る凄さ 「物部」を掘るのをちょっとおやすみしているナウ。 昨日、突然出てきた心踊るニュースに 類例なく「国宝級」発見 「盾形銅鏡」出土 奈良の富雄丸山古墳 うおおおおおおおおおおお!!!!...
マドンナ先輩
CULTURE
気がつけば、いつの間にかクチビルお化けになってしまったマドンナ先輩のことを、わたしは以前より好きじゃなくなってしまった。 いやー、もっと言えば、いつぞやの大統領選でヒラリー支持を強烈にアピールするあまり、トランプにナチの鉤十字つけたりして揶...
More
X