KAORISSIMA by メッセージを伝えるアクセサリー

by KAORI OSANAI

隔たり

大学時代、同じ講座に通っていて、学校は違うけど仲良しになったお友だち。

30年の時を経て、今日Facebookで連絡をもらった。

連絡をくれた理由がまた素敵で、「寛斎さんが亡くなって、かおりちゃん大好きだったよね?思い出して、どうしてるか気になって、探したの」だった。

一瞬きょとんとしたものの、わたしが好きだったKENZOと勘違いしていることはすぐにわかった。

懐かしくて、当時のことを思い出そうと思えばかなり思い出せる。

ちなみにその講座の先生は当時NHKだった池上彰氏で、わたしはいくつもの小論文の批評を受けた。

彼は、今はあんなに人気者だ。

 

 

それじゃあランチでも、

と2人同時に切り出したけれども、

「こんなご時世だから厳しいかな」と言う彼女と

「何食べたい?」と言うわたしでは、向けている目の先が違うことはすぐにわかった。

彼女もいわゆる「いいうちの子」で、非常に善良な子だったし、今も簡単な会話の中にその気配を漂わせている。

ご両親はいまだご健在だそう。

「わたしから移してしまうのが怖くて実家にも行けない」と言う彼女に、わたしはかける言葉がない。

さらに、「今、就活中で」と言われれば、「うまくいきますように!」と思うものの、

今、というこの時、都心の企業に通って得られるものは何だろう、、、と真っ先に浮かんでしまうわたしがいる。

それでも、うまくいきますように、と願っているけれども、

 

この10年でわたしは、「自分とそれ以外」のいろいろな隔たりに対して、一つずつ丁寧に決着をつけてきた。

そして小人と5人のジジイは、その隔たりをさらに強固なものにした。

人は分かれに分かれている。

世界は分断に次ぐ分断だ。

どちらの行く先にも満足がありますように。

 

 

 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X