オサナイカオリノシゴト

KAORISSIMA ENERGY WORKS

火というもの。わたしたちの住む世界について

誰も知らない未来を創造しよう


「火」について、折に触れてよく考える。

 

人間は「道具を使える」から人間なわけで、それも言い換えると、「火を自由に扱える」ということがすべての元なんだと思う。

いうまでもないが動植物は火を扱えない。サルは火を使えないがヒトは使える。

ツインピークスに出てくる強烈なキーワード「FIRE, WALK WITH ME」はつまり人間すべてに当てはまる。

 

火は万物の根源と言ったのはヘラクレイトス(かな?)

火は神聖なものだ。神聖すぎる。

火はすべての物質を変容させ、新たなモノとして再生させることもできるが、同時に消滅させるだけのパワーを持つ。

人間の肉体だって火にかけられれば消えて無くなる。

 

光、熱、電気のすべては大きく括れば「火」だ。

わたしたちは火を、自分たちに都合よく飼い慣らしてきたつもりで、調子に乗り続けた。

燃え盛る火を、実際は誰もコントロールなんかできないのに、そのことを忘れた。

この世に原子力というものが生み出された時から、わたしたちは暗黒の世界に住んでいる。

決して消えることがない絶対悪を人間は生み出してしまった。

 

それでも、わたしたちは日々ハッピーだ。

日々の利便性を享受しながら、原子力の悪徳さを呪い、次の瞬間には忘れて、思い出してはまた呪う。

原子爆弾も中性子爆弾も、原子力発電所も、自分が生み出したものではないとあなたは思う。

自分は一切の手を汚してはいない。自分が欲したわけではない。

それを作った人物が悪だ。それを使った人物、集団、組織、政府が悪だ、とあなたは思う。

 

でも、そうなんだろうか?

 

この問いに対する答えは、

いや、利便性を甘受しているあなたが悪い

というようなことからも程遠い。

 

わたしが思うのは

わたしたちがどのように都合よく理屈を組み立てようと、

わたしたちはただ、絶対悪の存在する世界に生きている

という救いようのない事実だけ。

 

この夏、また、広島に爆弾が落とされた日がやってきた。75年前の今日は、長崎に爆弾が落とされた。

このわずか数日前、レバノンにキノコ雲が上る映像をわたしたちは見た。

 

 

光だけを追い求め、光だけを見ようとする人間たち。

あなたの中にも、暗黒がある。

もちろんわたしの中にもだ。

 

それを排除しようとすればするほど、わたしたちは苦しむ。

それこそが業火の炎だ。

 

 

わたしがなにを言いたいのか、といえば、

なにを言いたいのかはわからない。

 

ただ、わたしのマリアでさえ、実際は火によって生まれている。

いかなる火も神聖なものだということだけは言いたい。

そして女は、火を通じて何かをもたらすもので、火によって何かを支配しようとすることは本分ではない。

 

なにかとてつもなく大切なことのように思うので、一気に書いた。

 

 

 

読んでくれてありがとう。

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た不調、長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなど即効対応します



神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー



本日の記事

諏訪!知りたかった謎がちょっと解けた!
WORLD
や、ちょっと何から書いて良いやら掲題の件。めちゃくちゃ静かにコーフンしています。 ずーっと気にしていたけど、去年はあえて無視していた諏訪。ちなみにこの2年ほど行ってないし、諏訪の本も読んでない。 謎多すぎる諏訪は、わたしの中では「絡まった毛...
このタイミングでとんでもないものが眠りから覚めた
CULTURE
とんでもないものが、「今」という時代のタイミングで出る凄さ 「物部」を掘るのをちょっとおやすみしているナウ。 昨日、突然出てきた心踊るニュースに 類例なく「国宝級」発見 「盾形銅鏡」出土 奈良の富雄丸山古墳 うおおおおおおおおおおお!!!!...
マドンナ先輩
CULTURE
気がつけば、いつの間にかクチビルお化けになってしまったマドンナ先輩のことを、わたしは以前より好きじゃなくなってしまった。 いやー、もっと言えば、いつぞやの大統領選でヒラリー支持を強烈にアピールするあまり、トランプにナチの鉤十字つけたりして揶...
More
X