KAORISSIMA

りーかお総研

わたしは生き急いでいるんだろう


やるやる詐欺みたくなっていたかねよん本も、ようやく目処がついた。

これはキャリア本でもなければHOW TO本でもなければ、スピ本でもなければ人生訓でもなければ実用書でもない。

しかし、そのすべてではある!

「ジャンルありき」にこっちを合わせるとか、ちょっと我々にはできなかった。

書きたいことを書いただけ。

そして汲み取ってくれる人だけが、汲み取ってくれれば良い。

どうしても伝えよう、伝えなければ!などという力の入り具合は、この本には1ミリもない。

しかし、伝わる人には強烈に伝わるだろうし、それがたとえ、一人でも構わない。

今からでも「不幸を寄せ付けない生き方」を実践したろ!絶対する!

という人が、1人でもいれば、わたしたちは仕事をした、と言えるだろう。

 

これをどうまとめようか、と悩んでいるうちにはまとまらず、

しばらく意識を離しているうちに、時代が勝手にかねよん本に追いついた。

(と、少なくとも我々は思っているから、)この時点で、すでにヒャッハー!感だ。

ちなみにかねよん大先生ご本人は、例のレイラ先生の「月星座をふまえた鑑定」を受け、そこで出てきた回答が、

ズバリかねよん本の結論と一致していた、という、超ウケる話。

しかし、そんなもんミラクルでもなんでもない。

月について知識を得る以前に、俺もかねよんも月の支配を自力で脱していたぜ!ばーーーかザマアミロ!!!!!

という意味でのヒャッハー!感もある。

 

 

なのでもう、安心して次のことに取り掛かろうと思う。

 

最近、自分のことで、ものすごく納得いく「腑に落ち」があった。

結論だけ言うと、

要するにわたしは今、生き急いでいるんだな

ということだ。

 

生き急いでるって、あんまりいい意味で使われないからアレだし、たいていの場合、生き急ぎ中の本人は無意識だったりするものだ。

けど、わたしは自分の生き急ぎがわかって、めちゃくちゃ安心した。

次から次へと脳内に湧き上がってくるさまざまなこと。

で、これは完全に、自分の意志かどうかさっぱりわからない。

あまりにも湧き上がりすぎて、我ながら本当によく処理しているなと思っている。

情報対自分のせめぎ合い、みたいなところがあるから、なんだか知らないけど、時々むしょうに

フランスに行ってボーーーーーーとしたい

と思うわけだが、鎖国中である(クッソー!)

そして驚くことに、わたしは全然疲れていない。

疲れたのかな?と思うことがあっても、2日と続かない。

疲れさせてももらえないわけである。

 

そういうわけで、しいたけ言うところの

「外からのあなたは何もしていないように見えますが、あなたの内部では核爆発が起きているのです」

みたいな状況。

 

やるべきことをやりきって、時が来たらとっとと死ぬ。

もとより長生き願望がないから、それはなんという理想形だろうか。

うまい具合にやりきったら、ご褒美としての死がある。

キャッハー!

 

・・・・などと言ってて、来年は「ちんたらやります」かもしれないけど。

人間は走れるときに走ればいいし、走れないときに走ろうと思うのもバカである。

 

日々何も考えない。

淡々と、湧き上がってくる情報を処理しているわたし。

何かを成し遂げようなどという焦りはゼロ。

毎日ボケーーーっとしてたこともあるわけだから、人生は全部帳尻が合うようにできている。

 

 

ほなまた!

 

 

 

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た体の不調や長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなどへの対応45分


神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー


りーかお書店


本日の記事

孤独死は悪なのか? 〜虚飾の中を生きた人
LIFE
仲良くしている某寺のA和尚から連絡あり、我が実家付近にお住まいのある方(Xさん)についてなんだけど、、、、と切り出された。 即座に「亡くなったのだな」と察して、話の続きを聞いた。   Xさんは孤独死だった。姉がいるが絶縁状態。さら...
気になる「磐井の乱」
CULTURE
既知外の皆様   リアル既知外な、どーでもいい話です。 夢で、誰かが知りたかった歴史解説をぜ〜〜んぶしてくれて、めっちゃわかった!んだけど起きたら忘れてしまったの。という話。     宮地嶽神社で見た、あの日本...
More
X