KAORISSIMA

りーかお総研

父の一周忌。人生は縦糸と横糸


今日は亡き父の誕生日で、命日は30日だがこの日を選んで一周忌を行なった。

盛大にすることはせず、母とわたし、そして父の兄弟のみ、配偶者はなし、というミニマムスタイルで。

和気藹々と実に楽しかった。

 

考えてもみてほしい。

「何者か」にジャックされた母は、父の納骨さえわたしに知らせないという暴挙に出た。

父の死の当日も、彼女は信じられない暴挙に出た。

父があと数時間で死ぬ、と分かりきっているのに、集まった兄弟全員を帰してしまった、もちろん母もその場を去った。

わたしだけが、父が息をひきとる瞬間に立ち会った。

そしてわたしは怒りを爆発させた。

母は明らかにおかしかった。

1年前のあんな日々から、今のこの状況が予想できたかといえば、200%あり得ないことだった。

グリッドがきて、すべてが変わった。

 

今、ときどき、母との会話から、

「この人は本当に覚えていないんだな」と思うことがある。

父の死に際したことだけでなく、わたしの幼少期からの数々の暴挙に関して、本人はまるで記憶にないのだろう、ということが理解できる。

わたしにとっても、それらはすべて「♫雪が溶けて川になって流れていきます」が如く、思い出してもムカつかないし、胸が痛むこともない。

ただ淡々と、そんなことがあったなあ、、、、という記憶があるのみだ。

血の繋がりとは、こじれると実に厄介だが、絡まったものがほどければやはりこれほど素晴らしいものはないと思う。

それはほどかれるためにこじれるわけだ、ということを今は身を以てわかるし、多くの人に理解してほしいと思う。

どんな血も、水より薄いわけがない。

 

 

とにかく。

法要の間、ふと、「江戸時代に隠れキリシタンを匿った」としての伝説がある寺で、

ああ、そうだな、そのような人たちは聖母の名を唱えながら、この世を去っていったのだろう、、、と思ったら

わたしの中で何かがまたひとつ、キラッと光った。

その人たちの無念も、一生地に残るわけではない。

踏み絵を踏めなかった人たち。今の世に戻ってきているならどうか自由なこの世界を謳歌してほしい。

そういえば、どういうご縁か、この寺の門に掲げられた「くるす紋」と、その本来の主であった大分は岡藩中川家のお膝元竹田市の資料館に、わたしの作ったロザリオが飾られている。この写真は2018年のもの。

 

いろんな糸で、人間というものが、できている。

縦の糸も横の糸もある。

人の仕事は、糸をほどき、紡ぐことだと思う。

 

自分が何者か、何しにやってきたのかが、な〜んとなくわかったら、思っているより人生は短いから、とっとと仕事をして、とっととこの世を去るのみだ、としみじみ思う。

母船が来たらもちろんグリーン車に座りたい。

 

ほなまた。

 

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た体の不調や長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなどへの対応45分


神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー


りーかお書店


本日の記事

どんどん喧嘩したらええやんけ!!!
MIND
大王製紙の元会長さん。ちょっと注目しているの。すげーーーーー面白いと思う。 この方、ギャンブルでとっつかまったことで有名だけど、そもそもただのバカなら会社を黒字経営したりなんてできねーから。 生まれながらにあらゆる富と地位を持ち合わせて、お...
ガンガンにじり寄ってくる物部
CULTURE
もうやだ! 物部関連の情報が、勝手に寄ってくる!!!!!   今日は秋田に帰省中のお友達が、例の秋田物部氏ゆかりの唐松神社からのライブ中継をしてくれまして、ほぉおおおお!と思ったわけなんだが、 あまりにもなじみあるこの紋。我が母方...
言える空気じゃなかったから言えませんでした。
MIND
既知外の皆さま またか!と思われようとも、やっぱ記しておく。   そもそも、 ジャパンみたいに資源も人口も少ない国が、アメリカみたいなでっかい国相手に戦争しようと思ったこと自体が「間違い」だった、という正論中の正論。 そりゃそうだ...
More
X