KAORISSIMA by メッセージを伝えるアクセサリー

by KAORI OSANAI

長崎は今日も雨だったとは言わせない。無条件の愛、無差別投下

非常に個人的な話です。

いきなりですが、最近、今の自分のミッションは、

「地上に残る負の情報を少しでも減らすこと」だと思っていまして、そのためにグリッドを授かったのだと思ってます。

我が実家、我が家族は清浄化された。

しかしそれだけでいいのか。

な、わけない。

我が家ごときのみみっちいエリアで済むはずがない。

このエネルギーを発見した時、思い浮かんだ光景。

地球上のあらゆるエリアがグリッドで広がれば、この世は平和になる。

と思った矢先の、この鎖国。

今のとこ、日本の外に出せたのはアメリカ2箇所、カナダ、オーストラリア、イタリア、ブラジル。

 

 

さて、鎖国といえば、思い出すのが長崎。

 

長崎といえば、思い出すのは、江戸時代のキリシタン大弾圧。弾圧なんてもんじゃない、虐殺だ。

そして原爆。

そして「長崎は今日も雨だった」を藤圭子が唄ったバージョン。それを聴いたことでわたしの圭子ブームが始まった。

そして、なぜかずーーーーーーーっと気になっている、

両親が新婚時代に長崎に行き、父が教会(たぶん大浦天主堂)の写真を撮りまくったが、

現像したら、なぜか一枚も写っていなかった!どう考えてもおかしい。

という、これだけは長らく父と母の言い分が一致する我が家の伝説。

 

さらに、このエピソードを思い出させたのが、父の死の直前の日々に、

大分の方から、わたしを気遣って送られてきた絵葉書。

それが大浦天主堂の絵葉書。

驚いた。

そして、これはきっと何かの意味があるに違いない、と思っていたけれど、最近までピンと来ず。

 

 

 

そういえば、わたしは来月、長崎に行くことになっている。

これも自分で企画したわけではなく、グリッダー仲間から、そういう機会がもたらされた。

話をもらって、「行く」はすぐに決めた。

実を言えば、これまでは、特に五島とか、行ってみたい気持ちもあったが、歴史的背景から、心理的にとても重いものを感じていた。

今回「行く」をすぐに決めたのは、何かわからないが行かないといけない直感。

 

ここからは少し重い話になるけれど、

わたしは原爆が落ちた浦上の事情を少し理解している。

また、以前ドキュメンタリで見た「被曝マリア」というものを知った時の衝撃を忘れていない。

それで、グリッドは、大浦ではなく浦上に献上したいという気持ちがある。

当然、オフィシャルな手続きをとって神父と面会し、、、などということはめんどくさい。

ただ行って、どこかに置いてきたい。

しかし、そんなことぐらいで、その地に残る計り知れない負の情報が清浄化されるのだろうか、という疑問は大いに残る。

誰か、多くの人が、それを触って、動かしてくれないと。

人が触りさえすれば、きっと何かは確実に変わるだろうと思う。

 

 

ところが、突然思いつきまして。

 

かねてより、マリアグリッドを、医療関係の現場とか、老人施設などに設置できたらどんなにいいだろう、と思っていました。

例えば父が最期の日々を過ごした緩和ケア病棟みたいなところ。

そういうところでお迎えが来るのを待つ人々、そしてそのお世話をする方々。

父と過ごして思ったのは、逝くほうは、もしかしたらまだいいかも知れない。家族にとっても一度きりだ。

だけど、看護師さんはじめお世話する方々。いくら訓練されてると言っても、毎日毎日人の死に立ち会う彼ら彼女らの、色々な意味でのケアは十分なのだろうか。。。

だから両方、どちらにとっても、グリッドをいじることは意味がある。

そこで、父が入っていた緩和ケア病棟に、グリッドを贈呈しようかな、と思いはしたが、

正直、説明がめんどくさい。

それにまた「キリスト教ですか?」「いや、そうじゃなくて」から始まる話が予想され、ますますめんどくさくて、ヤンなる。

 

で、何を思いついたか。

説明しなくても喜んでもらえるところ、、、と考えたら、「は!」と気づいた。

それはすなわち、そもそもカトリックの人たちだ。

そうだそうだ、そういう人なら、見りゃわかる。

せいぜい「並べてみてください」ぐらいで、特に説明はいらない。

 

そこでひらめいた。わたしはまたもや自分が天才かと思った。

そうだ!

「長崎 カトリック 老人ホーム」で検索すればいい。

 

というわけで、

いくつできるかわからないけれど、上記の方法でヒットしたところに、無差別に送りつければ良い。

箱を開けて、見たらわかるから、「お好きに並べてみてください」だけカードでも入れときゃいい。

効能とか、ガタガタ言う必要すらない。

実に簡単だ。

 

 

グリッドのおかげで、わたしは今年一年、あまりにも素晴らしい年を過ごさせてもらった。

日本のいろんなところに友達もできた。

そんなお礼ぐらいしたっていいじゃないか。

 

これは華麗なる自己満足の世界。

しかし思いついて俺は天才か!と思えることがわたしは嬉しい。

これが正解なのかどうかは、わたしが死んだらわかる仕組み。

 

 

そこで。

もちろん無償でやることだから、すべてわたしが負担する。

でも、

「お、ちょっと面白いじゃん」と思ってくれる方がいたら、どうぞ商品を買ってください。

材料費の足しになりますので、大変に嬉しいです。

マリアグリッドをお求めいただいたらさらに嬉しいけれど、

まあ、「ちょっとしたアレを」と思う方は、

夢は夜ひらくトートバッグを買っていただけると、わたしとしては大変に嬉しいです。

こちらか、

夢は夜ひらく大容量トートバッグ

 

もしくは

トートとバスソルトのセット

トートバッグ&バスソルトセット「インナーチャイルドの癒し」

 

とか

トート福袋

トートバッグ&バスソルト福袋

 

とかとか。

 

思いついてしまったならやらざるを得ないのが人生というもの。

ま、どれだけやれるかわかりませんけれども、できうる限りをやって、今年の一年を締めくくりたいと思っています。

 

 

ほなまた!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X