KAORISSIMA by メッセージを伝えるアクセサリー

by KAORI OSANAI

酒というもの

つらつら書きます。

 

今年は、例年にも増して酒量が上がった、という声を、人の投稿で見ることが多く

へー、そんなもんなのかな〜、、、と愕然とする。

いうまでもなくその論調は「コロナ自粛によって」という定冠詞がついているわけですが、

そんなもんなのか、、、、

 

わたしはまるで逆で

「酒を全く必要としていない自分」になっちゃって

これまた「そんなもんなのか、、、、」と思っています。

 

別に、なんていうか、飲む気がしない。

だから家のワインのストックが切れても、去年までなら自動発注(もちろん自分でやるんだけどw)していたものが

別に、なくてもいいじゃん、飲みたきゃ三留(超至近距離にある、いい感じのお店)で買えばいいじゃん、となっている。

 

 

「あなたを嫌いになったわけじゃない。でもあなたのことをもう必要としていないの」

そんな感じで、じゃあ、もう友達に戻ろうか、といった距離感。

 

そうは言っても、嫌いじゃないですし、

人との「場」で、あれば飲むけれど、そんなに積極性はない。

美味しいご飯を食べに行けば、そりゃまず泡を自動発注してしまいますし、

それが空いたら(っていうか、空くのに異常な時間がかかる)、次のグラスを、、、とは思います。

食事時間が長くなれば、次のグラスに進んだりします。多分これは脳内習性として、自動的にやってしまうこと。

 

飲めば美味しい。でも、もうそんなに飲めない。

そうなると、たかだかグラスワインを頼むのに、一球入魂、みたいな気持ちで選ぶことになる。

前だったら、AとBとCを順番で飲めばいい、とできたものが、今は1杯しか飲めない恐れがあるわけですから、

絶対にうまい!っていう1杯を選びたい。

絶対にうまい!でなければ、飲まなくていいや、なのです。

 

念のために言っておくと、

これは「年をとって酒量が下がった」という話では全くないです。

「エネルギーが満ち満ちて、必要としなくなってしまった」です。

 

ある種の人たちが酒を飲むのは、端的に言って「ストレスから逃れるため」。脳内の緊張をアルコールさんに助けてもらって解く。

今年酒量が上がってしまう人は、その傾向が強いと自覚したほうがいいと思うし、それで何かを見直すことをしたほうがいい。

アルコールさんがあなたを楽に、あるいは愉快にしてくれるかもしれませんが、まあ、インスタントな快楽経路ですわね。

「彼なしには生きていけないの」になったら結構やばいです。

 

去年までなら、美味しかったら2人でボトルは何本か、空けた。

そう、根本的に、わたしは「美味しいワイン」「美味しい酒」が好きだ。

酒ならなんでもいい、酔えればなんでもいい、というストロングゼロ派と抜本的に違う。

で、調子に乗って飲んだら、翌日まで酒が残る、使い物にならない、、、みたいなことはありました。

でも今は、グラスで2杯も飲めばもう無理だし、帰宅してぐったりするけど、あっという間に解毒もされる。

面白いもんだな〜と思います。

 

しかし、こんな感じだと、もうフランス行っても楽しみがないな〜、、、とも思ったり。

 

しかし大丈夫!

ははん!今は鎖国です。ザマアミロ!(何が?)

 

しかし酒について今年、ひとつ完璧に腹落ちしたことがある。

単純化していうと、酒というものは

まちがいなく、何かに繋がる扉というか、誘発剤であって、

それが「いい方の扉」ではなく、大抵の場合はダークサイドへの扉だということ。

あまりにも単純化していってるので語弊大ありだけど。

ま、いつかzoomとかで話せればいなと思ってます。

 

何れにせよ、「彼なしには生きていけないの」はやばいです。

それ、酒に限ったことじゃないけど。

 

 

ほなまた。

 

 

 

 

 

 

 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X