KAORISSIMA by メッセージを伝えるアクセサリー

by KAORI OSANAI

今すぐ無限列車から降りろ!!

『鬼滅の刃』観てきました。

いいですね〜。実に良かった。

このブログを読んでくれてる人なら、あれが何の話なのか、ピンときたことと思います。

ま、原作も何も、わたしゃ知らんから、映画を観た限りですが、ど直球のストレートでした。

 

すげえなあ。

「月の支配」の話でしょ。

鬼って言われてるものたちが、ナウな人間でしょ。

支配する鬼、される鬼。

人の意識フィールドの外に、その人固有の精神の核があって、それを破壊してしまえば、人間は簡単に支配できます。

支配された人々は無限列車の中で眠りこくっています。お花畑的なきれいな夢を見せられて。

そして、その夢の世界の続きを求めています。

夢の続きを見るためなら、他人の精神の核を壊してしまえばいい。

だけど、ひとたび目覚めた人の精神世界は、あまりにも美しく、揺らぐことはない。

その美しさに触れて、鬼の支配から脱出する人もいます。

夢から覚める方法は、「幻想の自分」の命を絶つこと。

だってそれは「幻想」なんだもん、自分で自分を殺せ、と。そこから初めて真の生を生き始める。

面白いねー、面白いねーーー。

 

支配層は支配層で、闇の世界のヒエラルキー。

そこもまた過酷で、弱肉強食。

人間たちが苦しみ、悲しむ姿は彼らの栄養源。

でも太陽が昇ると、彼らは活動限界を迎えます。

 

お前、そんなに強いのなら、お前も鬼になれよ、不老不死だぞ。高め合えるぞ!

本気で何度もスカウトされるが、断固断る。

俺ら人間は老いもするし死にもするが、それが人間の美しさというものだから。

そして死に際に、自分が、幼き日の母との約束を果たしたことを確認する。

その強さは、弱き者を助けるために使うものです。

 

青臭いんだけど、これを青臭いと言って笑う人はかなり残念な人だと思う。

それならいっそ鬼の頂点を目指してほしいものです。

 

わたしらの子供時代の「宇宙戦艦ヤマト」が、ナウは「鬼滅の刃」なんじゃないでしょうか。

時代が進んだ分、鬼滅には「精神領域」の話が織り込まれているのが、ナウな感じ。

デスラー総統にも悲しい事情があり、彼だってサムライだった。(ちなみにわたしは古代進よりデスラー総統派w)

鬼だって事情がある。

完全なる「悪」ってなんだろう?

気づいているのに、眠ったふりをしている人間こそやばいんじゃないでしょうか?

 

みんな無限列車から降りて、自分の太陽を燃やして生きましょう。

気づいているなら、寝たフリを続けるのは卑怯なこと。

目を覚ませ!今すぐ降りるんだ!

とかなんとか。

 

ナウというこの時代に、各方面が伝えたいことの符号が一致している。

何よりそれがすげーなと思いました。

 

まあ、俺はいくつかのシーンでひさびさに号泣しましたよ。

 

「あなたは人を支配することしか考えていない。でもわたしは、支配なんかされない。絶対に」

以前、ある場面で自分が言ったセリフを思い出して、強く泣けた。

 

 

ほなまた。

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X