KAORISSIMA by メッセージを伝えるアクセサリー

by KAORI OSANAI

人は、自分が何者なのかさえわかれば、あとは勝手にもたらされる

目下のところ、わたしの脳内は柱状節理に釘付けでありますからして、今日は箱根に柱状節理の滝(飛龍の滝)を見に行ってきた。

これについては今度詳しく説明しようと思うけれど、わたしがどうして子供の頃から山や岩肌、巨石、地形などになんだか知らないけど関心を寄せてきたのか、最近わかってきたような気がする。

もっと言えば、「地球とは何か」ということが、自分の中で解明が進みつつあるような気がする。

さらに言えば、「地球と人体」、さらに「天と人と地面」をつなぐエネルギーとは何か、といったようなことを、わたしは本気で解明しようとしている。

もちろん、「わたしとしての解明」だよ?『ニュートン』に載るような話ではございませぬ。

わたしが「腑に落ちた!」となるまで、このマニアックな探求は続くし、しかもその出口はもうそこまで見えているような気もしている。

そして来年、わたしは何かバカでかい、とんでもないことことに確信を持つだろう、という予感がしていて、非常にワクワクしている。

完全に頭がおかしいわけだが、それも別に気にならない。

そもそも頭がおかしいんだよ。

 

 

そんな話の前に。

昨晩はグレートコンジャンクション。

天体が、やっと俺の世界に追いついたな、わーーーーーーーはっはっはっは!

というような、ちょっとしたザマアミロ感をくすぐるイベント。

・・・・と言いつつ、翌朝早く起きなきゃだからと、いつもより早く眠りに就こうと思ったわけなんだよね。

早くっても、1:30とかなんだけど。

 

で、横になったら即座にゲキ寝できるわたしが、

昨晩はほとんど一睡もできなかった!

というのも、なんだか知らないけど、次から次へと「情報」が脳内に入ってきて、まるで「マトリックス」のあの文字列タタターみたいなふう?

この辺、わたしに説明スキルがないからみんなにはわけわからないだろうけれども、

ものすごい勢いで何かが入ってくる→俺2号がそれを翻訳している→俺1号は呆れている

「ちょっとー!明日早いんだから寝かせてくれよーーーー」と抵抗するものの、脳内(というより意識)冴えっ冴え。

途中から諦めて、むしろメモでも残しとこうか、いやあいほんに録音しとこうか、、、などと思ったが、バカバカしいのでやらなかった。

そう、わたしはすでに、そーゆーことに「きゃ!♡」とか「なんと!!!!!!!」とか、一切思うことはなく、非常に淡々としている。

ある意味つまらない女。

 

まーはっきり言ってこの「情報」が、どこの誰からもたらされてるものなのかイミフ中のイミフなのだけれど、

そして言語にして、文章にして表すのは極めてこんなんであるものの、

せっかくだから(なにが?)少しトライしてみようと思う。

 

要するに、

人は、自分が何者なのか(自分とは何なのか)さえわかれば、あとは勝手にどこまででも行ける。

全てがもたらされる。

自分とは何なのか、思い出すだけで良い。

(で、自分とは、幾何学そのものだ)

そして、人間には、とてつもない力が備わっている。

みんなが自覚している「わたしって、、、」みたいな認識のレベルは一切人間の真の姿(真の能力)ではない。

もっととてつもないものだ。

 

といったようなこと。正確ではないけど、そーゆーニュアンスだってこと。

他にも色々あったし、「すげーーーー!」と思うようなこともあったンダけど、

もう忘れた!

し、だいたい言語というか文字にすることは、少なくとも今のわたしのスキルでは不可能!

ただ、とにかく、これまで自分に関係してくれた人たちへの途方もない感謝の念が湧きに湧いてきて、その思いで胸がいっぱいになった。

 

あとまあ、わたしのバーイ

「宇宙からのメッセージ」みたいなことを言うのが気恥ずかしいと思ってしまうタイプなので、

今んとこ自分の中だけにとどめておこうと思ってる。

けれども、

なんと言いますか、その、、、

それを伝えるように、という強い意思というか圧力?も感じている。

から、まあ、その、わかってくれる人だけわかってくれりゃいいです(と言って逃げるw)

わたしは自分が教祖みたくなることを1ミリも望んでいないし、むしろそれだけを警戒している。

 

ま、ただ、今年1年を経て、というか、そーだなー、夏以降かなあ

わたしは何かの異変が起きたのか、なんなのか、

前とはまるで違うレベルで、何か(情報)をキャッチするようになってしまったし、

より「わかる」ようになってしまったし、

「わかった」ことの範囲がバカでかくなった、と自覚している。

それと並行して、少なくとも以前は気になったりしていたことが、まったく気にならなくなってしまった、

世の中の尺度というものと、まーーーーーーーーーーーーったく違うところで生きている、

というか、なんちゅうか本中華。

ま、ほとんどのことが、ほんとどうでもいいと思っている。

や、それは前からだけど、その「感じ」がまるで違うというか、自分から見て、前の自分が同じ人とは思えないというか。

変な話だよ、こりゃ!

でも、ま、

自分がどこまで行けるのか、行ってみようと思ってる。

何か圧倒的なところまで行ってみたい。

(イミフ)

 

そんなわけなので、ほぼ一睡もできず

今日は出かける10分前に起きて(というかDNに起こされた)、歯だけ磨いて、秒速で支度して、出かけた。

いつものごとく遅刻。バカだねーーーーーーーーーー

あいすいません、あいすいません。。。。

 

で、箱根は素晴らしかった。

節理の滝は水量も少なく、また節理自体もそんなにくっきりしたものでもなかったんだけど、コンディションいいときはこんな感じらしいよ。

(箱根町のサイトから拝借)

今年4回目となる「秀明館」に寄ったら、マスクしたまま湯に浸かる女がいて、仙台でも目撃済みとはいえ、

人間の脳って、一度ロックオンされるとバカだな、と思った。

すんごい力が隠されてるのにねえ、、、、、

 

 

ほなまた。

 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X