KAORISSIMA

りーかお総研

マンダラ塗り絵プレゼント


田村正和さま(わたし大好きだったのよ)が亡くなったと聞いて、

あーちょうどいいお年頃で幕引きされたな、さすがだなと思った。

成城学園の話で、田村邸に遊びに行った子の話

「ママ〜〜〜!!!田村さんのパパすっごくカッコいいお父さんだったよ〜!!」

「・・・・あんた当たり前じゃないの!田村正和なんだから!!!!」

みたいな冗談、たぶん実話なんだろうけど、なんか数十年ぶりにふと思い出してジワリきた。

素敵な人っていうのは、サラッとしているなあ。

あー、サラッとしている人に、わたしが素敵さを感じるというだけのことだな。

 

 

話は大きく変わりまして。

 

 

数年前ですわね、フラワーオブライフ のランチョンマットを作るにあたって、

実際に、自分で、コンパスを持って、描いたわけですよね。

適度な大きさになるよう、何枚も試してみたわけだ。

さらにその線を刺繍するという行為。

 

ふと考えてみますればですね、

あの時から、確実に何かが始まっていたのかもしれない。

というのは、ドランヴァロの本でも、神聖幾何学の奥義は、自分で手を動かして作図して初めてわかる的なことが書かれてあったもんなぁ。

 

やっぱね、あの方々の例のシンボルはね、並々ならぬものがありますよ。

やっぱね、「コンパスと定規」。

これがすべてだ!とわたしだって思うに至ってますよ。

ふふん。ザマアミロ。わたしは可愛いキティちゃん主義だぜ。

 

 

その後、綿棒で立体のフラワーオブライフ を作るのもやってみた。

その時、確実に「何か」がわかった!と感じたねえ。

 

要するにね、本を読んだり誰かに聞いたり、

「知識」であるものって、所詮ダメなんですよ。

所詮そこ止まりというか。

人間に動かせる手がついている以上、手を動かすという行為を通じてなにがしかが得られるんですな。

 

でさあ、

今、作図したときのことや、綿棒やってみたときの記事、

わたし絶対書いたはずだけど、見つからない。

考えたら修道院時代のもので、全部kaorissimaに移設してないからね。

昔のことはどうでも良いと思っている自分を再確認したわ。

や、ほんと、過ぎたことはどうでもよ過ぎる自分。すげえなって思ったw

記事って書くのに結構時間かかるからねえ。

 

 

そうそう、それで、

そんな昔の話はどうでもよくて、先に進みます。

 

この、作図するという行為もまた再開したいわけですが、

最近、ボードに色を塗っていて、

このねー、色の配置を考えるという行為、実際に塗るという行為もねー

またなかなか、オツなものなんですよ。

 

それで、塗り絵ブックも良いなと思ってね。

オリジナルのやつ。

グリッダーなら、自分で彩色したものに、マリア様載せたら、また新たな発見があるでしょうし、

当然予想もしない変化が起きる、ということが簡単に予想される(ややこし)

 

幾何学塗り絵ブック、そのうち作ろうと思ってます。

 

そんで、昨日は試しにイラレでマンダラ作ってみた。

まったく不本意すぎるけど、第1作だよ。イマイチすぎるけどプレゼントします。

ここからダウンロードできるよ!

よかったら塗って、できたら見せてね〜!!!

 

 

ほなまた

 

 

 

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た体の不調や長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなどへの対応45分


神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー


りーかお書店


本日の記事

どんどん喧嘩したらええやんけ!!!
MIND
大王製紙の元会長さん。ちょっと注目しているの。すげーーーーー面白いと思う。 この方、ギャンブルでとっつかまったことで有名だけど、そもそもただのバカなら会社を黒字経営したりなんてできねーから。 生まれながらにあらゆる富と地位を持ち合わせて、お...
ガンガンにじり寄ってくる物部
CULTURE
もうやだ! 物部関連の情報が、勝手に寄ってくる!!!!!   今日は秋田に帰省中のお友達が、例の秋田物部氏ゆかりの唐松神社からのライブ中継をしてくれまして、ほぉおおおお!と思ったわけなんだが、 あまりにもなじみあるこの紋。我が母方...
言える空気じゃなかったから言えませんでした。
MIND
既知外の皆さま またか!と思われようとも、やっぱ記しておく。   そもそも、 ジャパンみたいに資源も人口も少ない国が、アメリカみたいなでっかい国相手に戦争しようと思ったこと自体が「間違い」だった、という正論中の正論。 そりゃそうだ...
More
X