KAORISSIMA

ENERGY BOUTIQUE

ブラジル。しみじみとした感動

もはや東京ではなくなってしまった東京の街を横切りながら、ふと、こんなことが頭によぎった。

ミラノから戻って中央区に暮らした数年の間、わたしはいつまでも長らくミラノが恋しかった。

そんな郷愁がなくなった頃、中央区から品川区に移ったら、中央区がたまらなく恋しくなった。

都内から鎌倉に戻ったら、東京は恋しい場所なんかではなくなった。

ここは自分の町だから、東京に向かうのは憂鬱で、出た瞬間早く帰りたくなる。

帰りの電車が大船を過ぎると空気が変わり、ホッとする。

今もそうかと鑑みて、それすらすでにないのではないかと、ふと思った。

2年前まで、フランスに行けばリフレッシュできた。

今以降、例え渡航が可能になろうとも、

多分そんな感覚を、わたしは二度と持つことはないだろうと、なんだか妙に確信している。

つまりわたしは、わたしの中から、決定的に何かが失われてしまったことに気づいていて、

一言で言えば、要するに「もう嫌だ」という言葉でしかない。

そう、つまりもう、嫌なんだなあ、、、

 

この先、この空虚、イタリア語で

GRANDE VUOTO

といったこの感じ、

これが埋まるとは思えない。

 

などと思いながら帰ってきたら、

雨音の隙間に、ピコーン!とメッセンジャーが鳴り、

ブラジルからだった。

 

 

ブラジル。

実は誰にも言っていないけど、

あるところからの司令で、ブラジルに緑のグリッドを置けと。

そのため、緑のグリッド、前々から構想にあった「森」あるいは「巨木」をテーマにした緑のシリーズを急遽試作し、

一人ひそかにブラジルに展開したりしていた。

売買され、搾取され続けた人々、

蹂躙され続ける、元いた人々、

国を捨て、逃げるように新天地を求めた人々、

国に騙され、棄民された人々、、、、、

この人たちに少しでも、安堵が訪れますように、、、、、

 

 

でも当然、このブラジルからのコールは、

そんなことは知る由もなく、

「グリッドを増やしたい」というオーダー。

ああ、この森のグリッドは、ブラジルに行くんだな。。。

と瞬時に理解して、予期せぬ偶然に

しみじみと心震えた。

 

一度繋がった糸は、そんな風にできている。

そんなものなんだなあと思ったら涙が出た。

司令の主はすごいなあ。

 

 

こんな気持ちは自分以外わからない。

わかる〜などと言ってもらいたくもなし。

 

 

 

はーーーーーーーーー

しかし。

サンパウロで藤圭子流れるうどん屋をやる計画は

見事に消し去られたな。

メタクソ流行る予定だったのに!

 

ていうかアレよ、はっきり言って

みんな

♪バカだな 

バカだな!

だまされちゃあああああってえええええええええええええ♪

 

 

ほなまた

 

 

 

会いに来て!いろんな個人セッションやってるよ!

りーかお総研では大真面目にソースエネルギーについて研究しています

マリアグリッドに関するすべての情報はこちら

Kaorissima マリアグリッド 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X