KAORISSIMA

ENERGY BOUTIQUE

可視化された「みんな」

美しく、新しい、カオスなこの地球と
自分を満たして生きる

昨日ふと、

これからはもう、どんどんイミフなことを書きなぐってやろうと決めて、寝た。

この「イミフわめき散らし」って意外と難しいって知ってる?

わたしらどうしたって、「読む人がわかるように」なんてことを自動的に考えがちなんだよ。

この場合の「わかる」は言ってる「意味がわかる」っていう意味ね。

文章として成り立ってて、少なくとも何の話なのかが「わかる」ってゆー意味。

 

(・・・・あ、ほらね、もうこうやって意味を説明しようとしてるじゃん!)

 

でさー、次の「わかる」はさー、

実感としてわかる、わからない、

話のキモをグリップできているという意味での「わかる、わからない」。

 

そんでさー、

あーこれ言っても、誰かわかるかな?

とか、考えたり、ついついしちゃうんだよ。わたしのバーイね。

 

だけどさー、

それってさー

ほんとつまんないんだよね。

「読んだ人がわかるように頭使って書く」

をやったところで、

どうせ誰もわかんないんだよ。

 

「どうせ誰もわかんない話」をわかられようと努力する、この「徒労」。

はっきり言って何の甲斐もないわけだよ。

 

 

だいたいさー、「みんな」って最大公約数のことでしょ。

今や最大公約数ってどういう人かっていうと、

「お口にお札貼ってる人たち」だって考えるとわかりやすいよね。

まーそんな「お札組」(はっきり言って十把一絡げ)に、

わかられようが、共感されようが、されまいが、悪く思われようが、ボロカス言われようが、

ほとんどどうでもイイ!

 

そーなんだよ、昨日気付いたのはさ、

「みんな」=お札組

っていうふうに、

よくわかる「可視化」がされてるってことなんだよ。

 

 

な〜んだ。

状況がこうなっちゃった以上、

もはや、「みんなにわかられる」なんてさー、

「みんなにわかられてるようじゃ、もうおしまい」

って話じゃん。

てことに、気がついて、寝た。

 

 

ま、そんなこたどうでもイイ。

 

これからは、どんだけイミフであるか

ってことしか、価値じゃない気がしてきた。

イミフ力

が問われる時代だよ。

 

ってどんな時代だよ?

や、だから、こんな時代だよ。

 

 

そんでさー、やっぱもうまじ誰に悪く思われてもイイですね、

(だって、その人が勝手に悪く思うだけなんだからね。こっちゃ知ったこっちゃない)

あ〜〜〜〜〜〜〜超晴れ晴れとしたこの気持ち!

と思って、好き放題バカバカ言ってやろうと思っていたところ、

昼に友達が、突如桐島洋子女史の話を切り出してきて、

 

 

・・・という話は、この次の記事にしよっと。

 

 

ほなまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

会いに来て!いろんな個人セッションやってるよ!

りーかお総研では大真面目にソースエネルギーについて研究しています

マリアグリッドに関するすべての情報はこちら

Kaorissima マリアグリッド 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X