KAORISSIMA

ENERGY BOUTIQUE

横尾忠則さまと松茸と永谷園松茸のお吸い物

美しく、新しい、カオスなこの地球と
自分を満たして生きる

横尾忠則さまも、後から考えると、わたしの人格形成に多大な影響を与えてくれた人の一人だなあ。

もちろん、子供時代に好きだったTBSドラマ「ムー」のタイトルバックから始まってることは、同世代なら説明不要だと思う。

あーゆーものは、大人になってからアーダのコーダの理屈をつけて受け止めるものと違って、透明な水に絵の具を垂らすが如く、すーっと浸透していくものだ。

うーーーむ。

だからやっぱり芸術には破壊的な力があるし、だからこそ価値があるんだわ。

同様に、それを増幅させたのが70年代以降のテレビというメディア。

 

というゴタクはどうでもよいねw

 

とにかくこの方は大好きです。

 

で、昨日彼の本を買った。

だって、その通りだと思ったの。

 

自由を獲得するためには、こだわりを捨てること、遊びの精神を忘れないこと、言葉に縛られないこと、頭ではなく身体の言うことを聞くこと、すなわち、アホになることである。

アホになることは容易ではない。

 

 

アホになる修行 横尾忠則言葉集

 

それから

言葉を離れる

【目次】
1 宿命に気づく時
2 肉体が感得するもの
3 鍵の在処

 

「3鍵の在処」を彼がなんと言っているのか知りたくて。

 

 

それから最新刊。

 

横尾忠則 創作の秘宝日記

 

買いは買ったけど、例によって読むのかしら。

でもいいの。

読むことより実践することが、とにかく大切なの。

 

 

最近思うんだけど、

幸せそうな人と、幸せそうに見せようとしている人には雲泥の差があって、

「松茸」と「永谷園松茸のお吸い物」ぐらい違うわけよね。

本物の松茸からは得るものがたくさんあるんだけど、

松茸風お吸い物も、また色々と教えてくれるんだよね。

要するにそれは松茸ではない、ということを教えてくれるの。

これ結構大切なことだと思う。

松茸ではないものとは何か、を知るということよね。

「そんなのどうせ松茸風だし、、、」という風に切って捨てたくなるけれど、

いちいち切って捨ててたら学びにはならないのよね。

 

あーすいませんトリュフでもいいんだけどさ。

そろそろサマートリュフの季節ですね。

(特に美味くないのよね)

 

 

ほなまた!

会いに来て!いろんな個人セッションやってるよ!

りーかお総研では大真面目にソースエネルギーについて研究しています

マリアグリッドに関するすべての情報はこちら

Kaorissima マリアグリッド 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X