KAORISSIMA

ENERGY BOUTIQUE

「私の永遠の恋人は《自由》。最も大切なもの」

美しく、新しい、カオスなこの地球と
自分を満たして生きる

と叫ぶ女の子の動画を見て、ホントそうだよ!と思う。すべてのベースだよ。

このドイツ在住の女の子(メイコ)が好きだ。主義主張が自分に似ている。表現も。

ただ、わたしはもう諦めている。結局、人は自由なんか求めていないんだってことは、お口にお札を貼った人たちによって教えてもらった。

お口にお札は貼らなくても、結局「自由」に関してポカンとしていないのは、わたしの周りでは唯一かねよんだけ。

「スーパー自由」に目覚めろと人に言うことに虚しさを感じるからもう言わなくなった。

それが年をとった証拠なんだろうかな、、と今思った。

「すべてのベース」が違うんだから、通じるわけがない。言っても通じない人にものを言うことのつまらなさって、人をただ消耗させる。

 

「伝えれば、伝わるかもしれない」というのは未来への期待であって、

伝わる=「理解しました」なんかじゃないから、結局コエーリョの本と同じで、行動を変えた人が増えなければそれは無駄。

そんなことを辛抱強く呼びかけるには、わたしは年をとりすぎたかもしれないし、手応えを感じたい気持ちを抹消することは無理。

 

草間彌生先生みたいな人が本当にすごいのは、ただ単に自分の魂の発露としてのみ、自由を得るための戦い=表現を続けてきたこと。

「誰かがわかってくれるかも」なんて期待は1ミリもなく、ただひたすら、自分のために自分を表現し続ける。

だから真の芸術家なわけだが。

クリエイターとアーティストがまったく違うのはそこなわけだが。

 

 

翻ってわたしは何をすべきなのかなと思うと、

もうメイコ氏のような手法は取れない以上、

「自分の生み出したものによって、誰かの意識が(結果として)変わること」を愚直に続けるしかないだろう。

無理だと思っていたもの、諦めていたものが、霧が晴れるがごとく変化したら、その人の意識は変わり、ほんの少し自由になるだろう。

でもわたしが言っているのはほんの少しの自由なんかではない。スーパー自由だ。

でも「期待」はなく、ただ単に、ひらめきの発露として続けていく以外はないなと改めて思う次第。

 

 

「年寄りが爆沈を打ってしまうのは、人の役に立ちたいからでしょう」

「家族が爆沈を打ちたがってる、打ってしまった、どうしよう。もう嫌だ。話が合わない。とかは、要するにそれまでの人間対人間としてのコミュニケーションをしてこなかったツケでしょう」

は鋭い指摘だと思う。

自分は何の役にも立っていない、と思う気持ちが潜在意識にあるから、「感染拡大を防ぎたい」=人に迷惑をかけないとか、人の役に立ちたい

で、爆沈は「善い行い」という風になっていく。お国のために死ぬのは善い行いとされた国であるならなおのこと。

結局、今でもみんな殉教者。教え込まれたことを信じてみんなで殉教。

わたしは、やだね。断固断る。

 

 

 

「社会」みたいな実態のないことはどうでもいい。

社会を構成するのは「人間」だから、つまりわたしだから、自分の中の嘘や迷い、見えにくくなってる死角なんかに光を当てて、よく見て、曇りのないようにするだけのこと。

嘘や欺瞞、怒りや嫉妬を内包していると、自由そのものが怖くなる。

人が自由を望んでいないのはそこだろう。

ピコピコ小さな画面見て、何かわかった気になってるうちに、実は誰ともコミュニケーションなんかできていなかった、、、だって、怖いんだもの人って。怖いんだもの自由って。

みたいな話だわな。

 

 

とかなんとか。

 

ほなまた

 

 

会いに来て!いろんな個人セッションやってるよ!

りーかお総研では大真面目にソースエネルギーについて研究しています

マリアグリッドに関するすべての情報はこちら

Kaorissima マリアグリッド 

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. かおりさんには背中があります。
    ちょびっとだけ若輩なわたくしは、いつもその背中を頼りに、進んでおる次第です(‵・ω・´)ゝ
    いつもありがとうございます(ー人ー)

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X