KAORISSIMA

ENERGY BOUTIQUE

おっかない辰巳芳子先生。でも言ってることはグーの音も出ない正論

全文読む価値がある婦人画報の記事。

【実録 伝説のスープ教室】辰巳芳子 哲学する料理家

大御所中の大御所、辰巳芳子先生。料理界のクイーンエリザベス二世。

おっかないんだもの。出てくるだけで戦慄w

写真見るだけで既に怒られてる気分になる、すごい方よ。

 

おっかないけど、、、、、でもその通りなんだよな。。。。

 

 

雑誌なんかも、簡単にできないものって取り上げないですよ。でもね、人間の役に立つもの、私たちが生きていくことを助けるもので、そんな簡単なものなんてあり得ないよ。生きていくっていうことは、どうしたって手がかかるんだ。生きていくってことはね、自分のいのちを全うするってことはね、簡単なことじゃないよ。生きることの大変さを学んで、手のかかることを当たり前のこととしてやっていく人を育てる、それがスープ教室ですよ

「生きていきやすさ」を生み出すのは、「練習量」。「気なし」の練習では役にも立たぬ。「本当の勉強」もまた大切。便利なものだけを拾い上げず、ものごとの本質を深く勉強せよ。勉強とは頭だけでなく、手足を使ってすること。いざのときを迎え撃つために、日々、練習と勉強を怠ってはならない。

辰巳先生の声が響き続ける。それはスープ教室で教えていただいた者の、私自身の、生きる背骨だ。

私たちは教えていただいた。抽象的な概念ではなく、具体的な手法としての「優しさ」を。自分のいのち、他者のいのち、いのちそのものを畏れ、敬い、祝福する方法を。それは得体の知れないウイルスを前にしても、この先どんなことが起ころうとも、変わることはない。 

 

本質ってそういうことだよなって思うから、やっぱグーの音も出ない、辰巳芳子先生。

 

この記者も、企画書を「1時間にわたって怒られた」ってw

おっかない、めちゃくちゃこわい。

でも、お叱りになる理由があるから叱るわけで、先生は諦めていないからお叱りになるわけで。

「何あの人」って反発して去っていくには、それで構いませんよ、ってことでもあるわけで。

今後、こういう「厳しいモノホン」は出てこないだろうな。。。。

 

 

 

我が家にも実家にもご著書はたくさんある。

そう、本はたくさんあるんだよw

買うのは簡単、やるのは大変。

ああ、ちゃんと反省しよう、、、、、、、

 

 

ほなまた

 

会いに来て!いろんな個人セッションやってるよ!

りーかお総研では大真面目にソースエネルギーについて研究しています

マリアグリッドに関するすべての情報はこちら

Kaorissima マリアグリッド 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X