KAORISSIMA

ENERGY BOUTIQUE

二の腕五輪とミサの思い出

ワタクシの二の腕問題に各地から応援の声をいただいておりますWWWWWWW

 

そーよ!人ごとじゃないはずよ、全国のオバハンのみんな!!!

二の腕を引き締めてバレー選手になって、次のオリンピックを目指そうじゃないの!

・・・・・とかなんとか。

 

 

しかしこうなると思い出すのが、昔開催した「デブ五輪」の件。

あれは2015年頃だったかしらねえ、、、、、

今考えても秀逸極まりない企画だと思うわ。

 

まず、参加者を募り、それぞれが現在の体重と目標体重を宣誓するの。

そして、確か、、、勝者の1キロあたり1万円を優勝賞金にするの。

だから、マイナス10キロの減量を宣誓して成功した人は優勝で、10万円を参加の全員から受け取れる仕組みよ。

優勝者以外は全員敗者だけど、確か、目標達成率に応じての支払いにしたんだっけかなあ、、、

だから例えば、わたしが80%まで痩せてたら、2万円払う。60%の達成率なら、4万円払う。だけど1キロも痩せてなかったら満額。

それどころか、スタート時より太ってたら10満潮を払うルール。

まさにWINNER TAKES IT ALLの仕組み。

 

これ、大事なのは、

要するに勝てばいいんでしょ、勝てば!!!という一択しかない

ということがミソなの。

 

だからこそ、みんなクソ本気になって取り組んだ。

大人に許された真剣なお遊び。

みんな日々の進捗をアプリで管理。数字と、やったことの共有よ。

これにはそれぞれ焦ったり、参考にしたり。

各人の闘いぶりがよくわかって、それはそれは感動だった。

 

先日この世を去ったミサも選手だった。ちなみに景花も選手だったw

ミサの記録を見ていて、残り2週間ぐらいのところからの追い込み感がハンパなく、やれることを全てやる、最後はこうなったらエプソムソルトを「飲む」ということまでやっていて、

「ああ、ミサらしいな〜」と思って密かに心震わせていた。

やる!と言ったら、ガタガタ言わず最後まで死力を尽くす女だよ。

彼女のそういうところが、とても好きだった。

そして人生の最後の最後まで、彼女はそういう女だった。。。。

 

結果、驚異の頑張りで2名が目標突破の優勝者となったわけなんだけど、

わたしらスポーツマンシップに則って気分良く優勝賞金を払おう、となっていたのに、

途中でほぼ放棄したようなある人が「そんなに払えない!!」「みんなにはなんてことない額かもしれないけど、、、」とかなんとかガタガタ言い出して、

いや、とにかくまず勝者を称えなよ、、、って話なんだけど、

それにそれ、、、最初から開示されたルールじゃん。嫌なら参加しなきゃいいのに、、、、誰もが思って、誰もがしらけた。

他の棄権者もみんな気分良く払おうとしていたのに、一気にシラけて、結局賞金支払いはナシになったという、最悪な幕引きに。

人の人間性って、お金を前にすると露骨に出るもんだなって学んだし、

何かを気分良くやり遂げたかったら、一緒にやる人の人間性はとても大切なんだよね。

若い頃はそういう人物とどう折り合いをつけるか、チームリーダーには必要となってくるスキルを養おう、って気になれば付き合う価値があると思う。

でも俺らぐらい先行き短いオバハンだと、時間もエネルギーも費やすのは無駄に思えてしまうのは事実。

 

 

まあ、そんな遠い日のことを思い出した。

 

ほなまた!

 

 

会いに来て!いろんな個人セッションやってるよ!

りーかお総研では大真面目にソースエネルギーについて研究しています

マリアグリッドに関するすべての情報はこちら

Kaorissima マリアグリッド 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X