KAORISSIMA

ENERGY BOUTIQUE

グルーヴ!アガる曲、アゲる人、そしてアゲられてサゲられる仕組み #オバハン回顧録

こないだ友達がシェアしていたこれ!

気分超良くなるからちょっと見て〜〜〜〜〜〜

めったくそアガったわーーーーーーーーー。

このオバハン、ヴォーカルコーチの人、ものすんごいんだよ。オペラのアリア指導までできるんだもの。

アゲ方、ノセ方と、ダメ出し、軌道に乗せ方が絶妙だなと思った。プロよねえ。真のプロってものを見た思い。

 

そんでこれ以来、頭の中でホイットニーが歌ってる。

今日は朝っぱからから大音量で原曲かけてやった。

ねえ、つくづく、、、、、今、こういう曲ってないわーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ということでしみじみWhitneyについて考えるに、やっぱしデビューアルバムが一番よかった。

こんなに歌の上手い人出てきたのか!!!!って思った。

Whitneyのデビューアルバムと、日航機事故は同じ年だった。駿台に通ってたから御茶ノ水のディスクユニオンでLP買ったことまで覚えてる。

オバハン特有の、昔のことはよく覚えている現象。はーーーーーーーーっきり覚えているのよ。

 

とにかくこのジャンルは、ドナ・サマーとかダイアナ・ロスとかで、物心ついた時にはすでに大物だった。

そんな中に登場してきたのがWhitney

 

でも、そんな彼女も、真に良かったのは2枚目までで、そうこうしている間にマライアが出てきたので霞んでしまった。

そーだわマライアのデビューアルバムはCDで買ったんだった。

まじでビビった。鳥肌が立ったことを覚えている。

 

そんな中、90年代になって湾岸戦争真っ盛りの最中に行われたスーパーボウル(だったかな?)で

Whitneyが国歌斉唱して、湾岸戦争もスーパーボウルという舞台装置も、まあ、なんだかなあとは思ったものの、

そうは思っていながらも心震えて涙こぼれたのは忘れない。

この時ばかりはアメリカという国にに心底ジェラシーを感じたわ。

 

その後Whitneyは路線をチョイ変えして復活し、髪もクルクルじゃなくなり、ちょっと違和感があった。

軽快さよりは超絶技巧の曲調になり、「上手いんだけど退屈」と思うようになった。

 

だいたいもう、この頃からわたしは、ブラジルとかアルゼンチンとかポルトガルとかフランスとか

あるいはケルトとかの、マニアックな方角に行ってしまったからUSチャートで何が流行っていても関心なくなったんだった、、、、、

それに、声を張り上げる系の曲がすべて、重たく感じるようになったんだよね。

 

その後Whitneyは、、、、、あんな亡くなり方。

マライアも神格化され、わけわかんなくなっていき、今ではどん底からの這い上がりを「暖かく応援される」的な人になった。

 

ショービズって本当にねえ、、、、、、、

声という神から与えられたものを持つばっかりにね、本来神聖なものなのに「ビジネス」にされ、

楽しくもないのに笑わされ、

歌いたくもないのに歌わされ、

太っただの、奇行が目立つだの、落ちぶれただの、、、、、、

要するに莫大なお金を稼ぐがゆえに、短時間に消費されてしまうのよ。

「歌」は永遠なのにね、、、、、

 

ああ、そろそろ藤圭子の命日か。

 

 

ほなまた

 

 

 

 

 

会いに来て!いろんな個人セッションやってるよ!

りーかお総研では大真面目にソースエネルギーについて研究しています

マリアグリッドに関するすべての情報はこちら

Kaorissima マリアグリッド 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X