KAORISSIMA

りーかお総研

最近のりーかお総研


わたしの「現在地」がまたちょっと変わった気がしているんだよね〜〜〜

階段を「二段抜かし」でいくつか上がったかも知れない。

短期間になんだかめーーーーちゃいろいろな「驚愕事実」に出くわしてしまい、

もはや何をどう書いて良いやらヨクナイやらが、サーパリわからなくなった。

だし、正直書く気にほとんどならない。

 

 

何がきっかけといって、もしかしたら「お香作り」かも知れず。

「手」の持つ力に注目したところから。

お香は作るのがやっぱりアホみたいに難しい。みんなに提供できるようになるのかいまだ見当さえつかず。

しかし自分で作ったお香は、いちばん自分に「効果」があったのではないか、と見ている。なによりなことだ。

 

これはけっこうなキーワードで、今は詳しく書かないけど

みんな、「誰でも自分が作ったものに自分を救う(助ける)力がある」ということだけは、覚えていた方がいいよ!

絶対忘れちゃダメです、それ。

お香の話じゃないよ。一つの隠された真理だよ。

 

 

だからやっぱり「手」の力は偉大で、

辰巳芳子先生の記事を読んで素直に頷き、先生の手ほどきからは非常に遠く離れた俺固有のテキトーさによる

「なんちゃって命のスープ」を毎日作っているのだが、ほんと、テキメン効くからみんなにオススメしたい。

でも辰巳先生=厳しすぎて誰もついていけない

りーかお=テキトーすぎて誰も信じない

というね、、、、、

数種類の野菜を煮て、バーミックスでガーーーーーーーっとやる。

当たり前だけど市販のコンソメ(という名のやばいやつ)とか顆粒出汁みたいなもんは一切使わないよ〜。常備してないし。

 

それでどうして「効く」のかを真面目に考えてみたんだけど、答えは簡単で

「バーミックスだから」がビンゴなんじゃないか?とかなり確信している。

だってさー、バーミックスの刃って、右回転じゃん。スープは右回転の渦潮になるわけだよ。

 

世の中には、いやいや作る「食事」とも呼べない食事があって、

いやー、そんなもんは「えさ」だから、むしろそんなんだったら食べない方がよっぽどええで。カラダにもメンタルにも、エネルギー体にとっても、その方がええで。

死んだ料理はエサとか飼料。

辰巳先生のおっしゃってることの極意は間違いないよ。手順と分量は一切参考にできませんけど。

怒られるかもだけど、参考にする必要すらない。

右回転の渦潮がすべてだとわたしは思うよ。

いや、ほんとなんだよ、これ。

まー今度「養生訓」としてまとめようかしら。

気力があればねえ、、、、、、

 

 

「正義は勝つ」って信じたい人には悪いけど、

そもそも「正義」なんて存在しないんだから勝つわけがない。

一方、「愛は勝つ」は本当で、なぜなら宇宙の根幹が愛だから。

そんで、この「愛」は対義語がないというか、少なくとも「憎悪」とか「嫌悪」とか「無関心」とかなんやかやではなく、

この場合の対義語があるとすれば「非存在」ということになるのかしら。

ただし「非存在」は「無」ではない。

 

 

 

ほなまた

 

 

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た体の不調や長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなどへの対応45分


神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー


りーかお書店


本日の記事

いーろんマスクのヒューマノイド
LIFE
いーろんマスクさまがヒューマノイド型ロボットをいよいよお披露目したわ。 見てこれ。 STOP!映画泥棒 かと思ったわよw(わかる?) https://www.youtube.com/watch?v=UXHoWNfjJYM お花にお水やったり...
孤独死は悪なのか? 〜虚飾の中を生きた人
LIFE
仲良くしている某寺のA和尚から連絡あり、我が実家付近にお住まいのある方(Xさん)についてなんだけど、、、、と切り出された。 即座に「亡くなったのだな」と察して、話の続きを聞いた。   Xさんは孤独死だった。姉がいるが絶縁状態。さら...
気になる「磐井の乱」
CULTURE
既知外の皆様   リアル既知外な、どーでもいい話です。 夢で、誰かが知りたかった歴史解説をぜ〜〜んぶしてくれて、めっちゃわかった!んだけど起きたら忘れてしまったの。という話。     宮地嶽神社で見た、あの日本...
More
X