KAORISSIMA

ENERGY BOUTIQUE

「どうせ心理」は人間だけに実装されている

台風さんが素敵な進路でまっすぐ進んでいるみたい。

みんなのところは大丈夫ですか?

 

この大雨を心配して、前日友達が庭木のイモ子を大量避難させてきた。今現在6人が、小さな虫かごにひしめいています(笑)

自然に対する干渉だとは思うけど、でも、素敵なことだと思わない?

心優しい人たちが、レモンの葉っぱを分けてくれたり。

こんな優しさがある限り、人間も捨てたもんじゃないなってジーンとする。

 

とにかく異様に涙もろくなったわたし。

今朝も土砂降りが止んだら、すかさず鳥たちがピーチクパーチク、セミたちもミンミンツクツク言い出した。

わずかな太陽の下で、ミニミニちょうちょがわずかに咲いたヘリオトロープの蜜を吸っている。

そういうことに思わず涙こぼれてしまう。一生懸命生きてるんだなーと思って。

気がつくと涙がポロポロ落ちてくる。

鳴きやんだと思ったら、やがて雨が降ってくる。このわずかな間隙を縫って。

鳴いたところで何になる?とか

どうせ彼女は見つかりゃしないし、とか(だって鳴くのは婚活でしょ)

そんな「どうせ心理」を、動物たちは持たない。

「どうせ(やっても無駄)」っていうのは、人間だけが持っている心理かもしれないね。

「無駄だし」というのが先に立って、簡単にやれることさえやらない癖がついちゃったり、何かを回避したり。

 

無駄を排除して効率的にって言えば、なんだかアタマ良さそうに聞こえた時代もあったと思う。

でも「どうせ心理」を前に建てて、何もしないのがカッコいいかといったら、全然そうじゃないなって思う。

人間なんて、道具を持たなきゃ、っていうか電力がなけりゃ、

能書き垂れてる以外にほとんどロクなことはできない。

「無駄」って一体なんなんだろうか。。。。

 

 

人間より動物の方が好きなわたしだけど、

こないだ海で、全身刺青(シャレオツTatooじゃないよ、本格的なやつ)のママちゃんが、小さな男の子を浮き輪ボートで遊ばせてた。

なんだか知らないけど、見てたらイミフに涙出た。

男の子はママっ子で、「さざ波」が怖くて「ママーーーーー!!!ママーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー離れないでーーーーーーー!!!」って絶叫している。

そうかそうか、怖いんだね。

ママはスパルタじゃなく、ニコニコしながら寄り添ってた。

ママはもっと遊びたいだろう。多分ひとりママだろう。いろんな「怖い」を越えてきたんだろう、、、、

な〜んて妄想がよぎったら、なんだか無性に泣けた。

聞いたら3歳だって。素直に育てたなあ、、、、

 

まー、そんなことに涙が出てしまうのは、オバハンになった証明だけど、

オバハンになって本当に良かったって思っている。

ABBAにはなれなくても、BBAではある。

一生懸命であることって、なんと心を打つことか。

セミにしろ、子どもにしろ、心の底から出してる声が心を打つのかな。

 

 

・・・と書いていたら、家のピンポンが鳴って

某カルト宗教の人が新聞を配りに来た。

まあ、これだって一生懸命なんだよね。

この天候の中ご苦労様ですと言ったらモニターの向こうでニコッとしてた。

 

生きてるって素晴らしいよ。

 

ほなまた

 

会いに来て!いろんな個人セッションやってるよ!

りーかお総研では大真面目にソースエネルギーについて研究しています

マリアグリッドに関するすべての情報はこちら

Kaorissima マリアグリッド 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X