オサナイカオリノシゴト

KAORISSIMA ENERGY WORKS

武術のススメ。「名も無き武道」で意識とエネルギーを学ぼう!

誰も知らない未来を創造しよう


美術もいいけど、武術もね〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

 

実は、だいぶかねてより、なんでもいいから武道をやってみたいと思っていましたんですよ〜〜〜〜

というのも、エネルギーだのなんだの、身体を使って体得できていてこそじゃないのかな〜と考えていまして。

だから武道と言ってもつまり、相手を倒すとか戦いに勝つとかそういうことではなくて、

相手との間の「気(エネルギー)」や意識の状態が、どうだったらどうなるとか、

頭で理解していることを身体で理解する、そして結果として真に「整う」みたいなことになったらいいな〜〜〜

ある意味、そこを強化すると、因縁探偵とかの際に「負を食らう」ということが減ってくるのではないか?

(これはパラサイトクレンズにも期待している効果だけど)

 

ついでに言うと、「誰かに教えを請う」ということもしたかったんですわ。

誰かにと言ってももちろん「しかるべき人」に教えを請いたいわけだけど、そん人はどこにいるのか。

合気道でも空手でもなんでもいいんだけど、でもなんだかピンとこない、

なんだか凄そうな武術でもサイトを見たらヤンキー系とかw

・・・・・てなうちに月日は流れ。

 

そしたらこないだ偶然見つけた!突然表示されたぞ!心理を読むFacebookのアルゴリズムのおかげでw

 

その名も「名も無き武術」。

 

やばい、これだ!と瞬間的に思いまして、福岡の先生なのですが東京で体験会があるというので速攻申し込み、

本日行ってきましたよ。

 

いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜

めちゃくちゃ楽しかった!!!!

今日は初回なので、概論のあと、早速「体験」。

力が拮抗している状態から、意識をずらす、勝とうという気持ちを消すと、体は強くなる。

力で押したろ!と思ったら人の体は動かないけど、丹田だけに力を入れて指先で相手を皮膚膜だと思って優しく扱うと簡単にゴロンと転がる(介護とかで使えるだろうね)。

いやーーー楽しかった!

 

11月28日は2回目の体験会。テーマは「身体を繋げる」。

https://www.bunomichi.com/kousyukai

さまざまな「繋げ方」があるのですが、武術の「繋げる」は、関節をテコの原理が働くように使うということです。 テコの原理が働くと、自分の全体重がダイレクトに活用できます。
腕力や脚力に必要以上に頼らずに、身体をテコの原理を使って自分の体重で運動エネルギーを生み出すのが「身体を繋げる」ということなのです。

 

 

来年からは東京で定期的にお稽古開催できるように動いてくれてます。

10名ぐらいいれば運営できるそうなので、これも楽しみ!!!

わたしはすでに参加表明!

みんなもやろうよ!!!

FBページにいろんな動画乗ってるよ!

 

とにかく何よりまず身体!!!

本日夜はこちらで会いましょう!

【zoom】11/1 21:00〜りーかお養生訓「腸そして《俺の命のスープ》の作り方」

 

 

 

 

 

ほなまた!

 

 

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た不調、長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなど即効対応します



神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー



本日の記事

諏訪!知りたかった謎がちょっと解けた!
WORLD
や、ちょっと何から書いて良いやら掲題の件。めちゃくちゃ静かにコーフンしています。 ずーっと気にしていたけど、去年はあえて無視していた諏訪。ちなみにこの2年ほど行ってないし、諏訪の本も読んでない。 謎多すぎる諏訪は、わたしの中では「絡まった毛...
このタイミングでとんでもないものが眠りから覚めた
CULTURE
とんでもないものが、「今」という時代のタイミングで出る凄さ 「物部」を掘るのをちょっとおやすみしているナウ。 昨日、突然出てきた心踊るニュースに 類例なく「国宝級」発見 「盾形銅鏡」出土 奈良の富雄丸山古墳 うおおおおおおおおおおお!!!!...
マドンナ先輩
CULTURE
気がつけば、いつの間にかクチビルお化けになってしまったマドンナ先輩のことを、わたしは以前より好きじゃなくなってしまった。 いやー、もっと言えば、いつぞやの大統領選でヒラリー支持を強烈にアピールするあまり、トランプにナチの鉤十字つけたりして揶...
More
X