KAORISSIMA

りーかお総研

皆さまにお知らせ♡アクセサリーのサイトを独立させました


お知らせです。

このたび、アクセサリーおよび他の創作物の販売に新しいサイトを立ち上げました!

このナーコロ後の世界で2年間、非常に充実した時間を過ごすことができている一方で、心境としては非常にモヤモヤしている状況が続いていました。

この数ヶ月間、沈思黙考した挙句に出てきた答えが「アウトプットを分ける」というアイディアです。

自分の活動が広がるにつれ、ゆったり創作に取り組むことができていない現実があり、一方で取り組みたい創作はいつも頭にあるという自分としてはおかしな状況。

そういうのを整理する意味でも、「商品を分ける」のがいいのかも、、、、とうっすら浮かんだので、この1ヶ月間はこのサイト制作に充てていました。

 

 

この新しいサイトを作りながら、

形あるモノを作ってオンラインで販売する、という活動を始めてから、もう6年も経ったんだ!ということに初めて気がついて、「ひゃー」と思った。

でも坂ノ下修道院としてスタートした時から、「自分のつくるもので、みんなに日々の元気や活力を届けたい」と言ってきた。

もちろんその軸だけは6年後の今も全然変わらずで、そういう意味では、マリアグリッドはその決定版かも知れないんだけど、女性にとってアクセサリーはとても大切なものだと思うんです。

・・・・というのは、

たびたび話に出した、この春亡くなった友達、彼女は昨年暮れに入院し、そのまま旅立ってしまったわけなんだけれど、

その時点での入院は、知らせを聞いたわたしを「覚悟させる」ものだったのに対し、彼女は最後まで希望を失っていなかった。

入院が決まっているのに、「元気になれそう」と言って数点を求めてくれた。

元気になったら、これを着けて出かけたい、、、、そう思ってくれていた。

これは、わたしの商品が特別に優れているなどという話をしたいわけじゃなくて、「アクセサリーとはそういうもの」なんだなと、自分に気づかせてくれた出来事でした。

だからわたしはモノを作っているけど、買ってくれているのはモノではない。

それ、お客様みんなに当てはまることなのかも知れない。

その時の「わあ!」という気分のアゲ。それが人には必要なのかも知れない。

っていうか、わたしだって確実にそうだもの。

 

流行り病ひとつで世界が分断されてしまったこんな時代。

自由が好き勝手に制限されるこんな時代。

だからこそ、きれいなものかわいいもの、個性あるものを生み出して、多少なりとも「わあ!」を、一人でも多くの人に届けていきたい。

自分にできることはそういうこと。たとえ微力であっても。

改めてそう思いました。

 

 

それと、

そういう商品とほかのものを分けることで、わたしもアウトプットがしやすくなる。

今読んでいただいているこのサイトは、メインをりーかお総研にして、こちらでは講座とセッションをメインにしていこうと考えていて、提供するセッション内容も刷新するつもり。

サイト自体を近々リニューアルします。

本気で自己改革したい人に来て欲しい。

「今まで色々やったけど、大した効果なかった。でもやっぱり変わりたい」という人に来て欲しいと思っています。

これに関しては、また改めて。

 

新しいサイトではいくつかの商品が特別価格になっています。

見てね!

シェアしていただけると、とっても嬉しいです。

https://kaorissimart.com/

 

じゃ、これからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た体の不調や長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなどへの対応45分


神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー


りーかお書店


本日の記事

展開はや!!!!
りーかお総研
優秀な既知外の皆さま、   ここのところ、何もかもが「展開早い!」です。 思い浮かべたら、即レスポンス。 笑ったのが、こないだりーかお書店に出したこちらの本。 この吉田さんという著者ってどういう人なんだろと思って、ゾンアマで見たら...
クローブ先生と八角親方、それから孤独について
MIND
既知外の皆さん くほほほほ   掲題の件。 地道に、普及活動をしているワタクシ。 密かに既知外仲間だと確信している、例のインディゴチルドレンkaoさん 会ったこともお顔も知らない方だけど、たまにnoteを覗くとだいたい俺と同じよう...
More
X