KAORISSIMA

りーかお総研

ニッポンの未来は ウォウウォウウォウウォウ


ニッポンの未来は

ウォウウォウウォウウォウ!

こないだある店で隣のテーブルの会話が、聞くとはナシにちょいちょい飛び込んできて上記のフレーズが脳内ループした次第。

明らかにコンサルファーム出身と思われる大物感漂う女性2人と、やはりどこかのコンサルファームにいま所属している模様な若い女性。

「わたしの代ではみんな日本に未来がないの知ってるから、とりあえず海外の中継地点として入社してます」「あ〜。やっぱりね〜」みたいな会話。DNも「うちの会社もみんなそうだよ〜。優秀な新卒入ってきて、すぐに海外行っちゃうよ〜」と。

ま、そらそうだよな〜、、、、、とは思うものの、ニッポンの未来は誰もが羨まないワケでございましょう。そんなことは誰もが察知しているが、対策している若い子がたくさんいることを国の運営してる人たちは知ってるんだろうか???

わたしなんかはこの先どう着実に老いていけるか、が焦点だけども、未来ある若い子はウォウウォウウォウウォウ。それに、もし自分に子供がいたらどーしてたか!、、、、、、としばし思いを巡らせちまっただよ。

 

ここでしばしわたしの脳内だけど、

「今」の自分だったら子供を育てられるんじゃないかって思ったりする。わたし自分が子供を持つという想定を実は一度もしたことがなくて、結婚願望すら40になるまでなかったぐらいだから、自分の人生から出産〜子育てという大仕事がごっそり抜け落ちていた、、、ということさえ本当に最近まで気づかなかったようなバカなんだよ。それぐらい自分には関係ないことだってゆー揺るぎなさがあったわけだが、ある意味自分は偉かったかも!と思う。だって今となったらわかることだけど、当時の自分の未熟さ加減を熟知してたってことかも知れないもんね。

しかし「今」の自分の成長度で20代だったら産んだかも、、、、まーそうすると当然それに適した相手を選んだでしょうね、そーするとその後の展望も何もかも違ってるしょうね、、、、、、なんて、分析したりしてもまったくの赤の他人を見るよう。

や、この辺はわたしのように全く想定しなかった人にしかわかんない感覚だと思う。別に後悔してるとか、今からでも養子縁組しようとかそんな話じゃないんだからさ。

ま、とにかく、今の自分だったら子供がいても面白かったかもな!な〜んて思うけど、同時に世の中の人は、そんなことはつべこべ考えずに子供を産み育ててきたわけで、逆にガタガタ考えてたら出産なんかできないわな、、、と思うと、みんな本当にすごいな〜って尊敬している。よい母親とかよくない母親とか、ないわ!って思う。(例外的な異常者は除く)

うちの母親だって、わたしを産み、育てる期間、ず〜っと未熟だったんだと思うし、思ってた。本当に折り合いが悪かったから。けど、今となったらむしろ「そんなに未熟だったにも関わらず、産み育てたんだな」ってことに感動を覚えるし、めちゃくちゃ正直に感謝もしている。

この経験をもってして、よい母親もよくない母親もない!と心底思えるんだよな。世の中のお母さんたちみ〜んな「熟練した初産」とかないわけだから、みんなやりながら走るわけで。本当に本当に心からすごいと思える。

 

ま、そんな育てのプロセスはぶっ飛ばして、自分に子供がいたら、ニッポンの未来はウォウウォウウォウウォウだから、やっぱどっか(別な国)行きなさいよ!ってケツひっぱたく親になったかな。か、わたしの子供だから勝手にどっかに行っちゃってるのかな。日本の学校なんかはたぶんやめてる、てか親のせいで退学とかもあったかもでしょうしね〜、、、、

などとひとしきり考えてみてわかったことが、

現実にないものは想像すらできない

という事実。驚いたのよ!

子供がいないんだから、いない子供がどうだったかなんて想像もつかないよ!ということを知ったのよ!!!!!!

これ、盲点じゃない?????(違う?)(違わないよね?)

子供がいる人が、「子供がいなかったら」は想像できると思うんだよ。わたしだって、子供がいたら、「自分」はどーだったかぐらいは想像できるよ?でも、「その子」のことなんか想像することは不可能だってことだよ。

これに気づいて、へ〜〜〜〜〜〜!と思った。すごい発見をした気分なんだけど!伝わるかしら?それともそんなことみんな知ってたーーーーーーーーーーーーー?

 

ま、いいや。

そーゆーわけだから「自分の子」のことはすっ飛ばして考えてみると、

ウォウウォウウォウウォウなニッポンの未来だが、

競争力ある優秀な子(セリエA)と、さほどそうでもない子(セリエB)と、ちょっと世の中には合わないわたしみたいなタイプの子(セリエC)がいるとする。(ちなみに、「ランク」ではなく「種別」と理解して欲しい)

1)セリエAは定石通り海外に出る。コンサルファーム、国際金融、国際弁護士、IT、医療、理系技術者。。。などかしら?

2)セリエCはむしろ第一次産業とか、オタク道極めるなどして、生きる道がありそう

3)セリエBは今のところちょっとよくわからない。けれども確実にボリューム層。辛いことが多くなるかもだけど、どうにかしばらくがんばって欲しい。

さてそんなことをしているうちに、セリエAの中からリターン組が出てくると思う。要は競争社会に疲れた人。この人たちが肝となるかもしれない。そもそもが優秀で、各国でそれなり研鑽積んでる人だけど、さらなる競争には限界あるよってわかっちゃった人だから。で、この人たちが帰国した時に、セリエBの中の1軍みたいな人たちをうまく指導したりして、独自の何かを興すのか?????「人間的な社会のあり方」みたいなもんを考えて、解に向かえるのか????そこに資金はどうなるのか????

・・・・・・みたいなことを5秒程度考えてみた。

若い子は国の宝だから、預貯金溜め込んでる老人が上手に資産譲渡できるような方策はないものだろうか?

それとも資産所有の概念を、人はいつまでも手放せないものなんだろうか。。。。

ウォウウォウウォウウォウ!

まあでも、若い子はどうやったって無事生き抜くだろう。結局、なるようになっていくんだから。

さらに明らかに仕様の違う15歳以下に、我ら旧世代が「心配」なんて、、、、、しちゃダメ。

 

 

それより、子供のいる人といない人では人生がまるで違う、とわたしは考えていて、そこはどんなに仲よかろうが、違うものは違う。根本的に違うと思うんだよね。この先はそれが現実的課題となってくる。

未婚も含めて、子供がいない人たちでざっくばらんにゆっくり話してみたいなと思ったりしてる。

まあ、いずれそんなこともできたらいいな。

 

ではまた!

 

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た体の不調や長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなどへの対応45分


神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー


りーかお書店


本日の記事

毎日ねむい鈴木ねむお
MIND
既知外の皆さま   掲題の件。これに尽きるわ。 この2週間ぐらい、尋常ならざるねむおちゃん。こうしているナウでも、まぶたが落ちてくる。 (ー ー) ↑なうの俺の目。   どーでもいいけど、 ギャグとか飛ばさない人多くなっ...
More
X