KAORISSIMA

ENERGY BOUTIQUE

それ、、、人としてどうなんだろっていう話

要するに自分の内面ばっかり見続けてる人というのは、自分が解消できていない「課題」=コンプレックスを常に意識しているわけだよ。

それ、乗り越える為にそうするならば、良いこと、必要なこと、「成長プロセス」だと思うんだ。

てかそこを把握して見つめないとどうにもなんないしね。

 

でも、最近よーくわかったよ。

得てしてこの手合いは、

「実は自省はしない」「人から学ばない」っていう特徴があって、

どういうことかというと、

例えば、

「うまくいってる人は、このような場面でこのように振る舞っている」とか

「このように考えて行動している」

→ でも自分はそれをしていない(からうまくいかないんだ)

、、、、ということは観察して学ばない

ということなんだよね。

 

ただ単に「自分にはそれが【できない】」なぜなら昔、、、、、(以下自分語り)

ということにしか意識がいかないようになっちゃってるんだよ。

それを自省と捉えるかもだけど、実は自省ではない。ただの過去の回想。ただのメモリー。メモワール。イタリア語ならメモリア。

「なぜなら」の部分はいくら深掘っても、どうすることもできない過去の案件。今ここの自分からは遠く離れた事象。

どういう理由でそれがトラウマになったか、思い出せば思い出すほど越えられないわさ。

 

 

人に仲間外れにされるのが怖い、という潜在的恐怖を常に持っている、と自認している人がいて、深層部では欠乏感とかさみしさだろうね。

そのため人におべんチャラ言って嫌われないようにする「癖」(スキルではない)を持っている。なぜスキルではないかというと、そんな癖は何の役に立たないから。

みんなにいい顔すればするほど、本人の独自特性は見えにくくなる。周囲にも、自分自身にもね。

 

 

こういう人は1つの「パターン行動」をするけど、自分では認識してるのかしてないのか俺は知らん。

ただ、擦り寄りたい人を目の前にすると、臆面もなく一目散に擦り寄り、その場にいた他の人間を排除して挨拶すらしない、とか。

それ、「大人としての儀礼」を軽々と無視している。

そういう人が言う「調和」とか「統合」とか「和合」って何なんだろ?

そんなパターン化された動きの繰り返しを見ていると、

ガタガタ言う前に、そもそも人としてダメなんじゃないのかって思う。

ま、少なくとも、年相応に成熟した大人とは思えない。(ってこれ固定観念だねw)

いずれにしろ、そんなら「仮面いい人」なんかやめちまえばいいじゃん。

 

 

あるいは、

それまであーだのこーだのさんざん自分の話はして、でも肝心な話では相手に伝えるべきコミュニケーションを端折ったり、要するに真摯な対応、もしくは自然なやりとりをするどころか、一方的に遠ざかって解決したかのように思い込むとかもそう。

人に「わかって欲しい」気持ちだけは強くて、でもわかってもらえない、受け止めてもらえなかった、などと感じたら苦手意識を越えて逆恨みするとか、

普通に友達とか、それじゃできないでしょ。知り合いはいても。

そんな人を「わかって、愛してあげる」人なんていないって。

 

 

要するに、視点がいつも一方方向なんだよ。自分一択。

それでハッピーならぜーんぜんいいけど、そうじゃないから、結局ジプシー。

セミナージプシー。セッションジプシー。スピジプシー。

まあ、まあ、お好きなところにどうぞって感じだよ。

きっとどこかの誰かが解決してくれるよ。(嘘)

 

 

はっ!

そうだ、ジプシーってね、中森明菜の歌じゃないのよ。

ヨーロッパにいたら現実見るけど、あの人たちは人のものを奪って暮らすのが「文化」だわ。

(かといって、当然一刀両断に悪い!とは思えないけど、わたしはね)

 

世の中は自分と他人とでできてるからね。二元論の例のトリック「人間関係とお金」をいつも想起させられる。

 

 

、、、ということを、人を見ていて大いに学ぶわ。

オバハンたるもの人生の残りは少ないから、成熟を目指したいものです。

 

 

ほなマター!

会いに来て!いろんな個人セッションやってるよ!

りーかお総研では大真面目にソースエネルギーについて研究しています

マリアグリッドに関するすべての情報はこちら

Kaorissima マリアグリッド 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X