オサナイカオリノシゴト

KAORISSIMA ENERGY WORKS

藤圭子が好きすぎて。

その後の世界を作るために


もうね〜〜〜

超絶確信してることがあるのよ。

それは、今「藤圭子がきてる!」ということよ(笑)

わたしに、じゃなくて、世の中的に、よw

 

ちょっと面白いと思うの。

わたしが藤圭子を初めて記事にしたのが昨年の6月。

なんだか知らないけど、すごいアクセスがあった。

あれからわたしはすっかりハマってしまい、1日たりとも聴かない日はないわ。オーストラリアに行ってた期間を除いてw

でもなんか、昭和歌謡が懐かしくて、とかそーゆーことでもないのよ。

強烈な中毒性があるの。

 

 

でね、youtube見てて気づいたの。

昨年6月に比べて、彼女の各動画の再生回数が、とんでもなく跳ね上がっている。

同時代の演歌の人たちの動画に比べて、まるで違うから、今キテるんだと思うのよ。

動画のコメント欄見てると面白いのよね。「現役時代は興味なかったのに、今なぜだか毎日聴いてます」みたいのも多い。

わたしと同じじゃん。

宇多田世代の子とかもいる。

それからTwitter検索しても、なにがしかの「藤圭子」ワードが毎日それなりに上がっている(bot除く)。

 

この隠れたブームはなんだろう?

あの声による絶対的な「癒し」。

おそらく彼女の声から「何か」が出ていて、(まあ「ゆらぎ」によるものだけど)

それが今の荒廃した時代に求められてんじゃないのかしら。

彼女が18歳で登場して、あっという間に「現象」になった時代も人心は荒廃していた。

それともう1つは、声だけじゃなくて

人物像っていうのにめっちゃ惹きつけられるのよね。

藤圭子という人が好き。多分、今ハマってる人みんなそうなんじゃないかな。

 

最近わかって超ウケたのが、

あの紫鯨亭さんも藤圭子のけーーっこうなマニアよw

こないだは超マニアックな藤圭子ネタで盛り上がったwwwww

それに、「魂の仕組み」的な視点から言っても

実に興味深いのよね。

藤圭子の母→藤圭子→ヒカルちゃん。

で、たぶんヒカルちゃんは、そのことを今は確信していると発言や歌詞から思われる。

 

 

それで!

今日もBS-TBSで2時間の特番あんのよ。

わたしは密かにめちゃくちゃ楽しみ。

https://www.bs-tbs.co.jp/music/fujikeiko/

で、そーゆーときに限って

DNが早く帰ってくるw

一人で密かに楽しもうと思ってたのにw

マーフィーの法則かよw

 

 

で、わたしの予言としては、

今年、絶対、彼女の歌が

なんかのCMに使われる!

予言よ!

 

 

ああ、藤圭子についていつまででも語りたいw

 

読んでくれてありがとう!

またね!

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た不調、長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなど即効対応します



神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー



本日の記事

結局、どんなすごい能力を誇るよりも、、、、、
about me
既知外の皆さま、明けましておめでとうございます。   この1週間、色々とありまして、追い追い書きますが(と言っても過ぎてしまえば3歩進んでケロッと忘れるニワトリ級の脳みそに拍車がかかっておりまして、いつになるかわかりませんけど)、...
【異変】わたしに何かが起きている、、、、
BODY
既知外の皆さま、   あの、、、なんかこういうことを書いたりすると、それだけで意識領域に影響が出そうなので黙ってたんですけど、 今、わたしに何か起きているようです。エネルギー的な話です。 日曜の夜からです。 これが何なんだかわかり...
【未来予測】「牛」がキーワードなんだよ
WORLD
既知外の皆さま、本日も明けましておめでとうございます。 やーーーーーーー、雨が激化してますよね😠 せっかくいいセンいってたそら豆とか、雨大杉のせいでアブラムシ発生→病気になる→滅亡。くっそーーーーーメッツボーかよ! 今後は雨対策を真剣にやっ...
カラダの芯、内側にあるものを発火させる
LIFE
既知外の皆さま、明けましておめでとうございます。   昨日は月に一度の恒例、笠井叡先生の「金鱗」WSでした。 この会は本当に素晴らしく、扱う範囲、深さ、レベル感、伝えられ方のすべてがわたしの欲求を満たすものであり、特にここ直近の数...
More