KAORISSIMA by メッセージを伝えるアクセサリー

by KAORI OSANAI

「そのうち」なんて絶対来ない

わが町の発明家にして弁理士でありミュージシャンでもある天才コータくんのこの記事にえらい考えさせられる。

人生の折返しは6歳でやってくる

記事からグラフをお借りするから見て。

 

人間が、7歳まで(時計で言ったら「6時」の位置)に完全に月の支配下に置かれる話も、こうやって見るとリアリティを増す。

7歳ですでに全人生の半分の時間を「体感」するわけだから、ここである意味方向が決定づけられ、24歳(9時)ぐらいで「社会」との軋轢に苦しむ、、、、ということが

一目瞭然になっている。

 

これ、要するに、

人生は夜の9時から始まる

ってことじゃないか?

 

小さい頃、「9時を過ぎたら子供は寝る時間」だった。

しかし本当は違う。

9時を過ぎてからが、本当に目覚めるべき時間。

人生のグランドフィナーレに向けた大事な時間帯。

鬼滅の刃は、みんなの中に本当はある。みんな誰でも持っている。

刀を振り回す必要はなく、覚醒するということが、すなわち鬼滅。

 

わたしは最近、とみに「生き急いでやる」感が強く、

逆に言えば「いつかそのうち」なんてことはあり得ない!の実感がひどく

もうとにかく、ものすごい速度で生き切って死んだろ!というだけしかないんだが、

それは「決意」とかそういうものとはまるで縁遠く、わたしの中の「動物のカン」的なものがそうさせているわけで。

「時間がないんじゃ、時間が〜〜〜〜」 by仁義なき戦い

の心境であるわけなんだけど、この表見たら

そらそーだよ、間もなく午前0時!(タ〜イム・アップ)

 

わたしは逆に安心した。

わたしの感じている「マイ時計」は正確極まりないってことだ。

 

過ぎた日のことをいつまでも気にしたり、

人にどう思われるとか、常識から外れていないか?とか、自分まだまだだ、とか

あらゆる恐怖に支配されながら、9時を過ぎても気づかない場合、

その人生の全てを、鬼に捧げるってことなんだよ。

「いつか」なんてありえない。

イマココで、今すぐ。6歳までの自分を思い出せばわかる仕組み。

映画見て泣いた人は、そこに気づいたらいいと思う。

 

ほなまた。

 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X