オサナイカオリノシゴト

KAORISSIMA ENERGY WORKS

菌は神。今後は菌が人を選ぶようになる

その後の世界を作るために


既知外の皆さま、本日も明けましておめでとうございます。

 

なんだか紅麹菌が騒がれているようで。ザックリ調べてみたらこーゆー話。

「紅麹」サプリ健康被害、死亡につながった可能性がある事例1件判明…腎疾患が悪化し2月に死亡

小林製薬「紅麹」摂取後の入院26人に 専門医「冷静な対応を」

 

これに関して発酵の専門家である友人タイキ君が秀逸な考察を載せていたので紹介させていただきます。

菌が反乱を開始したんじゃないかってヨンでます。

事のあらましは、
小林製薬が作っていた紅麹菌を使用したサプリメントに毒性があり回収騒ぎとなり、
他社の紅麹菌由来の成分を使った商品までも飛び火し、発酵業界では騒ぎになっています。
健康被害に見舞われた方々には心よりお見舞い申し上げます。
なんたって腎疾患を引き起こすとのことで、生命の根本でもある「腎」に悪影響を与えると言われると、恐ろしい恐怖心が掻き立てられてしまいますね。
社会的生物である人間に、流言の類は本当によく効く。人の心の流動性に恐ろしさを感じます。
紅麹菌、日本ではあまり生息していないこの種。沖縄の泡盛や豆腐よう、台湾や中国の紹興酒などの醸造現場では昔から重用されてきました。
食品の原材料表示でも「ベニコウジ色素」というのを見かけたことがある人も多いと思います。
黒霧島などの焼酎に用いられる黒麹菌は、紅麹菌からの突然変異株から生まれたと聞きました。
その黒麹菌からさらに突然変異な、アルビノのような白い株が生まれ、それは白麹菌と名付けられ、白がつく焼酎銘柄に用いられています。
そんな人と良好な関係を築いてきた紅麹菌が、なぜ人に害を与えるようになったのでしょうか。
それは、突然変異なのだろうと予測しています。
この世の全ては因果の縁で結ばれています。
何がしかの原因があり、その結果
紅麹菌の中に突然変異体が生まれたのでしょう。
この先は、小林製薬さんのことを何も知らないのに、予断と先入観で書いている駄文、怪文として読み進めてください。
社会不適合者の戯言です。
生物はその環境によって変化します。
寺田本家さんやパラダイスアレイや獏原人村の温かで優しい空気によって、人が発酵していく素晴らしい変化もあれば、
虐待親のいる環境で育つ子供や、パワハラ気質の会社で心を歪められる会社員、全てが競争、勝利至上主義で人の価値が決められてしまう能力社会などで、
心がのびのびできずに、傲慢な押し付けによる圧力で歪んでしまう変化もあります。
すると、その生命はなんとかその生命をまっとうしようともがいた結果、突然変異してしまうのでないでしょうか。
製薬会社に奴隷のように扱われ、心ない人に使われた紅麹菌はその状態から逃れたくて、
毒を出すという進化をしたのではないかと、予断と先入観で妄想してしまいました。
製薬会社さん、ごめんなさい。
結果、今、日本で紅麹菌の扱いが劇的に変わっています。
各社、とても慎重に紅麹菌との付き合い方を再考しているところでしょう。
紅麹菌の反乱は一定の効果が出たとも言えます。
宮崎駿監督が14年間かけて一人で描き上げた
漫画版のナウシカに出てくる突然変異体の菌、粘菌。
ドルク帝国の科学者により切り刻まれ、親株から切り離され、ただ人を殺すための生物兵器として実験の限りを尽くされました。
大地を覆い尽くすほどの毒を持つに至った粘菌たちと対峙したナウシカは粘菌の心の声を聞きます。
それは自分たちを弄んだ人間への憎悪よりも、悪意を向けられ怯えている傷ついた魂でした。
ナウシカは、別れ、離れ離れになっていた粘菌たちを一つに還し、王蟲はその粘菌を毒とともにその身に取り込み、朽ち果て、粘菌の悲しみはナウシカと王蟲の優しさに包まれ、事態は収束に向かいました。
紅麹菌を思うと切なくて心が苦しい。
こんな怪文にお付き合いしていただいた皆様にはお願いがあります。
紅麹菌に懐疑の心を向けるのではなく、
菩薩の心で悼んで欲しいです。
今まで、人間のためにたくさん良いことをしてきてくれた歴史を知ってほしい。
そして、自分を含め、
菌を扱う人は、菌の環境について
今一度、その環境を良くする意識を持ってほしい。
そうすれば、また人と紅麹菌との愛し合う関係性が生まれると思います。
紅麹菌に感謝して、
社会不適合者は朝から紹興酒飲んじゃおうかな。

 

・・・・・あるわ。あると思う。もちろん彼の妄想ですが、あると思ったんですよね。少なくともわたしにはすんなり入ってきた。合点がいくんですよね。

 

昨年、某会で、ある先生の開発された「土壌菌」(一般名称ではなく、先生が名付けた名称)のお話を伺い、めちゃめちゃ納得して、お願いして一袋、菌を買わせていただいたのですが、

その際の注意事項として、「くれぐれも気をつけてください。これを黙って使って一儲けしようとしたりした人たち、みんな大変なことになってますから」というようなことをサラッと伝えられたんですよね。

根掘り葉掘り聞く気にならなかったんですが、なんとなく「あるだろうな」と思ったんですよ。

 

菌を扱うって、すごく単純な話で「感謝と敬愛」だと思うんですよね。仏教的に言うと、それが報恩感謝ってやつですかね。

この世界を支配しているのは菌。菌は神。目に見えないけど、わたしたちにさまざまな恵みを与えてくれ、うっかりすると苦痛や死も与える。

以前、神社に供えられる「お神酒」ってのは、環境の清浄さをチェックする意味合いもある、と書いたと思うんですが、扱う人がケガレ(気が枯れてたり、ヨコシマだったり)てると、変な菌持ってるからお神酒は腐る。そのために神職は斎戒沐浴して清浄さを保つんじゃないでしょうか。

我々こうして生きているだけで恵みなわけで、それだけで恩義があるわけだから、恵んでもらってることに感謝して精一杯生きるのが、その恩に報いることになるわけですよ。

菌ちゃん先生を見ても、落ち葉や枯れ木を集めて菌のエサとして土づくりして、畝を立てて熟成させるときに、菌に向かって「ありがとう」と、子供の純真さをもって言え!って必ず言うもんね。その方がよく育つと。

まーそうなんだろうと思って、とは言えこっぱずかしいからビニールプランターにありがとうと書きまくる実験したら、書いてないやつとの差が歴然としてビビったもんね。

菌は意識を持ってるんですよ。

それを「有効利用」みたいな感覚で培養しまくって売りさばいたろという意識ではヤバイんですよ。

・・・・てなことに気づいた人間には有効に働き、そうでない人には毒に変身してやるー!!って、菌業界が方針決めたんじゃないですかね、今回のことは。

彼らって連鎖しますからね。自在な連絡経路持ってますよ。

紅麹から連絡受けた他の菌たちが一斉に反乱起こしたらどうします?俺ら生きていけないですよ。作物も育たないからね。

や、まじで菌なめんなよって話。

また、今回のことで、ある種の人たちは菌を闇雲に怖がるでしょうし、菌に対する「取り締まり(ムダな)」が始まるかも知れないし、発酵禁止令とか出ちゃうかも知れない。

まーそうなったらすごいですよね。神人戦争の始まりですよ。

 

それで思うんだけど、これまで人間はゴーマンにも菌を「利用して〜」って言い方してきましたけど、これからは菌の方が人間を選ぶようになるんじゃないですかね。

その人が触った木々は満開で、別な人が触った木は枯れていくみたいな、リアル花咲か爺さんみたいな世界になっていくんですよ。

てか、そうだったらいいな!ぐらい思ってしまうわたしなんですよね、そうするとエセ教祖たちの化けの皮が一気に剥がれますからね。

すいません既知外のたわごとです。

 

 

 

 

 

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た不調、長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなど即効対応します



神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー



本日の記事

絶望からが真のスタート
WORLD
既知外の皆さま、明けましておめでとうございます。   このところ、幕末以降の歴史を掘りに掘ってます。 掘ったところで、さらにその真相理解に効果的な本を例によってバカスカ買いこんでます。今回はけっこうハイペースで読んでるのよ。今のと...
心の戦車にはいつもお花を満タンに
WORLD
中東の方、なにやら来るかも知れませんねえ、、、 アメリカは武器は売ったけど、イスラエルが攻撃されても干渉しませんよってなってるらしい。って、本当にそうなのか知らんけど。 BREAKING: 🇺🇸🇮🇷 The US will not inte...
個人の目覚めは知ることから始まるよ
りーかお総研
既知外の皆さま、明けまして御芽出度うございます。   昨日は急な話にも関わらず、お申込みいただいてありがとうございました。 https://kaorissima.com/product/product-32869/ 歴史を学ぶって...
More