オサナイカオリノシゴト

KAORISSIMA ENERGY WORKS

郡上ツアー振り返り・千葉氏〜東氏と妙見信仰

その後の世界を作るために


濃密な1泊2日の旅、その序章・名古屋の洗礼

の続き。

 

長良川沿いを北上し、まず郡上大和の町で薪能。

舞台は「明健神社」で、明健という字を当てられてるが、要するに「妙見」。

古代から日本中あちこちで祀られていた妙見信仰(=北斗星=つまり星神)は明治維新の際にぶっ潰され、その際こちらの神社では表向き「国常立尊」が祭神ですよということにして漢字を「明健」に替えて信仰を守ってきた。知恵である。

またそれをきちんと看板に残しているところにロックな精神を感じてグッとくる。

もはやこういうことは「未来への暗号」なんだよ。

 

妙見信仰と言えば千葉県の「千葉氏」だが、千葉氏の流れの「東(トウ)氏」が、この郡上大和の城主となって妙見を持ってきた。

ゆえに旗印も九曜紋に月星の千葉氏のマーク。(↓千葉妙見神社より)

 

旗もさることながら、この圧倒的な杉の大きさよ。

妙見は東氏への崇敬とともに脈々と引き継がれている。なんとカッコいい。

明建神社はもともと、鎌倉時代に承久の乱の戦功により東氏(とうし)一族がこの地を与えられ、下総国(しもうさのくに)(現在の千葉県)から入封してきた際に勧請(かんじょう)した神社で、妙見大菩薩を祀り、江戸時代までは妙見宮(みょうけんぐう)や妙見社と呼ばれていました。星祭りの7月7日(新暦では8月7日)に祭礼として執り行う「七日祭」も東氏によって伝えられたもので、800年余りの歴史があるとされています。この祭礼の奉仕者は、今でも役割を世襲で受け継ぐ宮座制で、祭礼の1週間前から精進潔斎して祭礼に臨みます。祭礼は「神事」、「渡御(とぎょ)」、「野祭り」の順に執り行われます。

今年、東氏のお話は地元の子供たちによって劇となって演じられる。

800年もの間、地元の人に大切に敬われ続け、このご一家も殿様冥利に尽きるだろうなあと思った。千葉からやってきた甲斐があろうというもの。

 

 

またこの町は、「古今伝授の里」という。

古今伝授について恥ずかしながらまったく知らず、

簡単なwikiの説明はこうだが

古今伝授(こきんでんじゅ)または古今伝受は、広義では、勅撰和歌集である『古今和歌集』の解釈を、秘伝として師から弟子に伝えたものである。狭義では、藤原俊成・定家の嫡系子孫である御子左流二条家(二条派)に伝えられたもの。さらなる狭義では、二条家断絶後、二条派の東常縁から宗祇に伝えられ、以降相伝されたものを指す

聞いてみれば実にすごい話なのであった。

和歌というのもやはり暗号だからなあ、、、、

 

ミュージアムを見学して、もろもろグッとくる。

日本人なら和歌だよな〜と思う。なんと繊細でふくよかな詩表現よ。

この失われてしまった感性を取り戻したい。

むしろ「インスタ和歌」とかあるのかな。

 

 

薪能に使われる火もすごかった。

「くるす桜」が開催される前の週には、薪能の篝火(かがりび)を運ぶ「御燈移し」が行われます。篝火には、伝統の炎として「千葉家の火」と「白山の火」、未来の炎として「篠脇の火」の3つの火が使われます。

東氏の来郡に帯同した千葉家は現在の明宝気良に居を構え、その際におこした火を800年余を経た現在まで絶やすことなく守り続けてきました。この火は、現在も明宝地域の有志の方々により守り続けられています。その火を分火してもらい、明建神社まで運びます。

「くるす桜」の原作は白山長瀧寺の僧と深く関わりがあると考えられ、それにちなみ白山山系の頂上で太陽光から採火し、明建神社まで運びます。

国名勝・東氏館跡庭園で地元の子どもたちの手によって、太陽光から採火し、明建神社まで運びます。

 

上演に先立った市長の挨拶もビシッとしていてグーの音も出ない。

素敵だなあ。

「歴史を守る」ということにおいて、名ばかりの鎌倉(謙遜でもなんでもない、事実)は、果たして本当にそれでいいのだろうかと日々疑念を深くする俺。

ひとえに、流入者が多すぎるんだと思う。そして高すぎる固定資産税で、お屋敷は売却され更地になり、小さく割られた区画に建売が並び、地の人はどんどん薄くなってしまうという構造的問題もある。

そんなことを市が許している時点で、すでに文化の継承は放棄されているわけで。

・・・・・・てなことを言い出すと話が大きく逸れてしまいます(笑)

とにかく、地に足着いた文化が連綿と受け継がれている町を、わたしは限りなく羨ましく思うわけです。

 

 

あ!

悲願の長良川天然鮎!

天然鮎と養殖鮎って、

アルマーニとユニクロぐらい違う!

しかもこのように焼かれたものは、、、、、

幸せだった💜💜💜💜💜💜💜

 

どうでもいいけど、魯山人は食に限らずいろんな随筆を残しているわけだが、いずれも小気味よくぶった斬ってるから面白い。特に鮎については能書きが多い(笑)

Kindleでゼロ円で読めるから、読んでみて!

https://amzn.to/44aStlT

 

>>>続く

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た不調、長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなど即効対応します



神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー



本日の記事

絶望からが真のスタート
WORLD
既知外の皆さま、明けましておめでとうございます。   このところ、幕末以降の歴史を掘りに掘ってます。 掘ったところで、さらにその真相理解に効果的な本を例によってバカスカ買いこんでます。今回はけっこうハイペースで読んでるのよ。今のと...
心の戦車にはいつもお花を満タンに
WORLD
中東の方、なにやら来るかも知れませんねえ、、、 アメリカは武器は売ったけど、イスラエルが攻撃されても干渉しませんよってなってるらしい。って、本当にそうなのか知らんけど。 BREAKING: 🇺🇸🇮🇷 The US will not inte...
個人の目覚めは知ることから始まるよ
りーかお総研
既知外の皆さま、明けまして御芽出度うございます。   昨日は急な話にも関わらず、お申込みいただいてありがとうございました。 https://kaorissima.com/product/product-32869/ 歴史を学ぶって...
More