KAORISSIMA

りーかお総研


【りーかお総研ビデオ講座】人生とエネルギーについての総論1(Day1&Day2)

¥15,000 (税込 ¥16,500)

とにかく知っておいてほしい「包括的な理解」のために、りーかお総研として「全体像」をお話しします

エネルギー?チャクラ?マカバ?ソースエネルギー?振動数?ゼロポイント?宇宙の法則?幾何学?松果体?愛?光?引き寄せ?DNA

・・・・なんやかやと巷には「ワード」が飛び交っていますが、それらひとつひとつの言葉を知っていても、「人間の人生」という大きな視点、「日々の生活」という実際的な視点に落とし込まれていなければ、生き生きと確信に満ちた日々を送ることはなかなか難しいかもしれません。

ひとつ一つの「用語」を知ることより大切なのは、全体の「仕組み」を理解することです。

用語やディテールにとらわれて、本質から遠ざかってしまってはよろしくない。

みんながとにかく心も身体も健康で、悔いなく清々しい日々を生きられるように、

全てが大きひとつの円の中にあること、また、「あなた(人間)」というものに対する本質的なところの理解に、微力ながら一役買えたら、、という思いで、この講座を始めます。

 

また、これまでは「時間内に伝え切れること」と考えて、詰め込みすぎたりすっ飛ばしたりしていたことを、今年は時間にとらわれずにきちんとお伝えすることを主眼においての講座にしようと思っています。

今回は「前編・後編」の2回セットですが、2回で無理に終わらせることはしません。以降もシリーズは続き、タイミングが来たら開催します。

内容

Day1 :人体とは何か。魂とは 150分

Day2:振動数とソースエネルギー 120分

*Day1とDay2を個別でお申し込みいただくよりお得です。

 

カード決済後、視聴URLがダウンロードされます。

 

 

 

 

 

 

 

Add to Wishlist
Add to Wishlist
比較する

説明

【りーかお総研から】

マリアグリッドの誕生から1年と数ヶ月が過ぎ、この間にわたし自身がこの身をもって体験したことも含め、膨大な知見が積み上がっています。これを自分の言葉、自分の表現で「りーかお総研」として、今後はきちんと発表していこうと思っています。

昨年当初は、簡単なグリッドの使い方の発表程度にとどまっていましたが、現在ではより深い理解に基づいたお話をする必要があると思っています。

しかしながら、グリッドの話以前に、「エネルギーとは何か」という根本的なところ、そして「人体とは」むしろ「人間とは」といった本質論、また「宇宙」を語るときに発生する分離意識といったものについて、根本からベース共有しなければグリッドをより効果的に使っていただけない、ということにも気づいています。

また、かねてより「キラキラ系スピリチュアル」に嫌悪感を感じるのは何故か、エネルギー開発だけしても人生がうまく回らない人たちがいるのは何故か、ということもずっと考えておりましたが、最近なんとなく、その理由が自分でもわかって来たように思っています。

要するに、わたしはスピリチュアリストというより哲学者志向かと思います。

そして、色々学んでも、より実践的なことに繋がらなければ意味がない、と考えています。

急に来た体の不調や長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなどへの対応45分


神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー


りーかお書店


本日の記事

どんどん喧嘩したらええやんけ!!!
MIND
大王製紙の元会長さん。ちょっと注目しているの。すげーーーーー面白いと思う。 この方、ギャンブルでとっつかまったことで有名だけど、そもそもただのバカなら会社を黒字経営したりなんてできねーから。 生まれながらにあらゆる富と地位を持ち合わせて、お...
ガンガンにじり寄ってくる物部
CULTURE
もうやだ! 物部関連の情報が、勝手に寄ってくる!!!!!   今日は秋田に帰省中のお友達が、例の秋田物部氏ゆかりの唐松神社からのライブ中継をしてくれまして、ほぉおおおお!と思ったわけなんだが、 あまりにもなじみあるこの紋。我が母方...
言える空気じゃなかったから言えませんでした。
MIND
既知外の皆さま またか!と思われようとも、やっぱ記しておく。   そもそも、 ジャパンみたいに資源も人口も少ない国が、アメリカみたいなでっかい国相手に戦争しようと思ったこと自体が「間違い」だった、という正論中の正論。 そりゃそうだ...
More
X