KAORISSIMA

りーかお総研

父の三回忌


本日は父の誕生日で、三回忌の法要でした。命日も近いから、毎年この日を周年ということにすればいいわね、という母の提案。

父の兄弟と母とわたしだけで、こじんまり、和気あいあい。

というよりは飛沫上等で喋り倒す人々。。。。

 

しかしもう2年も経ったか〜、、、と思う一方で、ものすごく遠い昔のようにも感じる。

あれが半年遅かったら、ナーコロで病院にも容易に行かれず、葬儀だってできなかっただろうから、天の采配なのか父の魂の計画なのかはわかりませんが、うまい時期に時期にいったもんだ。

ときどき思い出しては寂しく思うけれど、とにかく感謝しかありません。

母はすっかり陽気で明るくなり、加齢ゆえの不具合はあるにせよ元気でいてくれる。

父が亡くなる頃には、激ヤセして実は体重が30キロ台に落ちていて、着るもの全てがブカブカになっていた。今となってはそれが心労だけによるものなのか、負の影響がそれに拍車をかけていたのかはわからない。

とにかくグリッドができて「家の「負」問題」が解決してからは、徐々に体重も戻って食欲も旺盛。くだらないギャグにもキレがある。

ほんとうにほんとうに、2年前と同じ線上にある出来事とは思えない。。。。

 

 

 

わたしは昨日から実家に泊まり、やってもやっても際限ない庭の手入れをして、

雑草なんか冬になったら枯れるのに、落ち葉なんかはほっとけば腐葉土になるのに、なんでこんなことをする必要があるのかな〜と思いながらも、

しかし草木を放置すると、根の国底の国パワーで家は枯れるのが、どういうわけか自然の摂理。面白いものだなーと思いながらせっせと鎌を動かす。

だけど、これまでは父が隅々まできちんと手を入れ過ぎていたせいで、むしろ地面が痩せていることにも気づいたから、今年は場所を決めて腐葉土作りもやっている。

ミミズさん、ダンゴムシさん、わけわかんないいろんなミニミニ虫さん、そして微生物という見えない人たちが、うまいこと仕事をしてくれている。

 

夜は母にオイルマッサージをした。

昔なら少しの圧でも猛烈に痛がって「もういい💢💢💢」となっていたのに、今はけっこうスムース。

しばらくいじっていたら、コリが流れた。

身体の滞りと「負」ってものすごく関係あるんだなあ。

アロマテラピーなんて大昔に習ったことが、30年近く経った今活きているからなんでもしっかり会得しておけば、無駄ってことはないんだなあと、なんだか妙に感心している今日この頃。

「シェディング」と言われるものも極めてリアリティ(ギックリに加えて異様な湿疹、しかもしつこい)を体感した以上、自分でできることはやり続けようと思う次第。

そして先ほどキャリアオイルを大量買いしてやった。

 

 

ともかく。

人はいつか死ぬ。

そういう風にできている。

ナーコロどうこうに関係ない自然の摂理。

今年、若い友達も失ったことで、「この人とは、もう二度と会えなくなるかも」と意識しながら過ごすようにしている。

それゆえ「生前葬」ならぬ「生前感謝」の気持ちを関わるすべての人に心の中で向けている。

わざわざ伝えたりはしないんだけどね。

 

 

ほなまた。

 

 

 

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た体の不調や長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなどへの対応45分


神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー


りーかお書店


本日の記事

どんどん喧嘩したらええやんけ!!!
MIND
大王製紙の元会長さん。ちょっと注目しているの。すげーーーーー面白いと思う。 この方、ギャンブルでとっつかまったことで有名だけど、そもそもただのバカなら会社を黒字経営したりなんてできねーから。 生まれながらにあらゆる富と地位を持ち合わせて、お...
ガンガンにじり寄ってくる物部
CULTURE
もうやだ! 物部関連の情報が、勝手に寄ってくる!!!!!   今日は秋田に帰省中のお友達が、例の秋田物部氏ゆかりの唐松神社からのライブ中継をしてくれまして、ほぉおおおお!と思ったわけなんだが、 あまりにもなじみあるこの紋。我が母方...
言える空気じゃなかったから言えませんでした。
MIND
既知外の皆さま またか!と思われようとも、やっぱ記しておく。   そもそも、 ジャパンみたいに資源も人口も少ない国が、アメリカみたいなでっかい国相手に戦争しようと思ったこと自体が「間違い」だった、という正論中の正論。 そりゃそうだ...
More
X