オサナイカオリノシゴト

KAORISSIMA ENERGY WORKS

正露丸のおはなし

誰も知らない未来を創造しよう


いや〜〜〜〜1週間が早すぎる!!!!飛ぶように日々が過ぎてく。

そして「不思議の国のりーかお」、毎日いろいろとほおおおおと思うことがてんこ盛りにありますが、その1/100ぐらいはお届けしているつもり。ただ、重要度関係なく、思い出したことだけ書いてるんだよねえ。

 

忘れてはいけないトピックスとしては、敬愛申し上げる既知外の山田貢司さんのトークライブに行ってきたよという話。

何しろ一番驚いたのは、みんなオシャレできれいな人ばっかりだったってこと!!!!

これには本当になるほどなーと思った。いや〜〜〜〜〜、なるほど!と思ったんだよ。

「悩みの解決をスピに求める層」とはまるで違う。お花畑で「波動が高い〜💙」みたいなこと言ってる層(波動ってなんですか?って聞いたら答えられない層)とはまるで違う。

ヤマダさんの言ってることはほとんどわけわかんないけど、なんかおもしろいから来た、前回も来た。そーゆー人たちは脳みそを使いに来てる。解決をヤマダさんに求めに来るのじゃなく、仕組みを理解しに来ている。

だから話しても軽快でおもしろい。

「悩みの解決をスピに求める層」って、話ししてもつまんない。(あー、正直に言いました)

いや、お悩みがあることが問題なんじゃなくて、アタマを使わない人と話してもつまらないんだよね、話に発展性がないから。(その手合いの層はそもそも発展性を求めていないからね)

わたしのテーブルも、すぐにみんな打ち解けた。機会あればまた会いたいと思う人たち。楽しかった。

数年前、宝石フィッティングなるものの会に行った時、まったく別の衝撃だった。場の観察者としてそこにいて時間を過ごしたが、誰にも話しかけられたくなかったし、誰にも興味を持てそうになかったもんなぁ。

てか本当に、いけてないけど宝石買うお金はたくさん持っている層、ってことなんだなと理解した。いけてないけどお金はたくさん持ってるから宝石買うわけだ。なるほどなーと思った。

いやいや、ご本人様の自由ですけどね。人それぞれだからね〜(スピの人の得意な締めの言葉)。

 

それで掲題の件。

着くやいなや、わたしのテーブルでは正露丸ネタでひと盛り上がりした。

わたしも散々「正露丸買っとけ」って話はした(と思う)けど、その理由は「成分が松だから」。それで時々飲むといい、みたいな話だったんだけど、

ヤマダさんはその使い方も指南されてたらしくて(わたしゃノーチェックだった)、ある方が

「正露丸で歯茎をマッサージしたら、めちゃくちゃ痛くて、まるで顔をぶん殴られてるようだった」と言う。

そしたらその向かいの方が「わたしは正露丸で顔パックしてますよ」となり、他の方は「正露丸を4つぐらい歯茎に挟んで寝てる」とまで飛び出した。

まじか!!!!

なんとまあみなさん、正露丸猛者😆!!!!!

そして皆様、先に申し上げました通り、オシャレで綺麗でアタマいい!なわけですから、ほんならわたしも速攻やったろと、

というのも「歯周病菌」に対して、これ効くんじゃないのかと閃いたから。

ちなみに「負の菌」て、歯茎に影響出るよ。歯周病菌と「負の想念」て関係してるよ。

 

それで早速(というより周回遅れかw)やってみたところ、

歯茎はちょっとピリピリするかなぐらいの感じで、顔を殴られたように痛いな〜んてことは起きなかった。だけど、これは明らかに良いと感じる!おそらく、以前からしつこく言ってます「小腸」と関連している。

顔パックはもっと即効性を感じる。ヒリヒリするけど、ピーリングみたいな感じで、お肌綺麗になる。

 

今検索したら、ヤマダさんの説明あった。

 

まあ、要するに万能薬ですね。

さすが松の力。

やってみりゃわかる。

やる前に効果効能を質問するより、とっとと試した人の勝ちですね。

いや、すげえわ正露丸。進軍ラッパが響き渡る。

響き渡るヒマラヤ杉だよ。

 

 

ではまた!

 

 

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た不調、長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなど即効対応します



神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー



本日の記事

誰でも明日も生きているとは限らない
LIFE
前の記事を書いてる最中、とんでもない訃報が飛び込んできました。 ショックです。 師事していた「武ノ道」の師匠が亡くなりました。   今年に入ってから、なんかお加減が優れないようで、東京の稽古は代役の先生が務めることが多くなった。も...
More