KAORISSIMA by メッセージを伝えるアクセサリー

by KAORI OSANAI

早期発見、早期撲滅

オーストラリアから戻って、見事に円柱化していたわたしのボディですが、

あっという間に「まあ、いっか」レベルまで戻した。

ふん。わけもないこと。

デブは早期発見、早期撲滅。これに限る。

 

ということを、わたしは身をもって知っているの。

だってFacebookが「7年前の今日」の写真を嫌がらせかのごとく叩きつけてきやがって、

「うわ!」と思ったもん。

すげーデブだった。

しかもすごいブスだった。

 

当時はたくさんの仲間に囲まれて、フツーに見たら楽しそうに過ごしている、かのように見せかけて

(もちろんその時は、見せかけてる、なんて意識はゼロ。それはそれで楽しかった)

それは本当の楽しさではなかった。

今、顔を見たらそれが如実にわかる。

 

当時は心の中に、ものすごい辛さを抱えていた。

手っ取り早く要点だけ言えば、それは「結婚に失敗したと分かったものの、どうすることもできない」という袋小路。

家に帰るのが辛いから、DNと過ごす時間が嫌だから

わたしは家の外に集中した。

仕事もそうだし、あっという間にできた楽しい仲間もそうだし、

何かと気忙しく、それはそれで充実ではあったけど、家に帰ると最悪な気分になっていた。

わたしのちょっとした「活躍」(あることで新聞数社に取り上げられたこともあった)も、DNはうとましかったらしく

わたしが外でイキイキすればするほど、家の中のギャップに心痛める、、、というセルフ二極化。

結局、結婚後は心からスッキリした心境であった試しがなかった。

未来が全く見えなかったもんね。

そしてわたしは右肩上がりに太っていったし、しかも、それが問題だとすら思わなくなっていた。

本来ならサイズ40(イタリアサイズね)ですらお直し出したりしてたのに、44でもどうなの?ぐらいの激変なのよ。

だけど、問題だと思わなかった。

完全なる麻痺。

 

しかし何かの拍子に、「自分やばい」と気づかされるようなことがあったのよね。

それも写真だった。

「わたし醜い。やだ死にたい」ぐらいの、自分が自分に衝撃を受けた感じ。

だって、わたしは本来、醜悪なものが嫌いなのよ。それなのに今や自分が「醜悪」そのものになってしまった、と気づいたその衝撃!

それで、とにかく一番効率的で確実な手段を使って痩せることにしたのよ。

そうと決めたら、徹底的にやった。(で、それもまた楽しかった)

 

 

・・・なんだかすごい昔のことのよう。当時の自分に、あらためてご苦労様!って言ってあげたい気分。

今、離婚したその同じ相手と、同じ自分が一緒に暮らしていて、そーゆー意味じゃ何も変わってないのよ。

でも、あらゆることは変わった。

今は一緒にいてくれてありがたいって思ってるわ。腹立てたり脱力することはしょっちゅうだけど。

不満だってあるっちゃあるし、まったくよー!と思うけれども引きずらないわ。

まことに不思議なもんよ。

わたしも変わったし、相手も変わったわ。

物事の見方を変えただけなんだけどね。

 

 

あ、そうそう、デブの話だった。

不満とデブ化って、ニワトリタマゴで雪だるまでもあるのよ。(しかも雪だるまなら熱で痩せるけど、本物のデブは熱したって痩せないのよ)

体が重いと、やっぱどこか心も重くなっていくしね。

だから早期発見と早期撲滅は鉄則なのよ。

デブでも「リアルいきいきデブ」なら何の問題もないわ。そういう人だって実際いて、やっぱ素敵だもん。

でも「フェイクいきいきデブ」というものも存在するよ、って話なの。

だいたい、顔を見ればわかる。言葉で説明できないんだけど。

大抵のことは顔がすべてなのよ。オバハンになったら特にそう。

ただ、本人は「自分を映す鏡はない」の。自分がそうだったから、よくわかるわ、そーゆーこじれた状況。

だからなんとなく、「太っていたって美しいです」というアレは、半分その通り!だし、半分は違うんじゃねえか?って思うのよ。

ただの体重の問題じゃないの。

 

 

てなことを、

Facebookの写真が思い出させてくれた。

 

写真て、大事だよ、そーゆー意味で。

 

 

読んでくれてありがとう!

またね!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X