KAORISSIMA by メッセージを伝えるアクセサリー

by KAORI OSANAI

文豪合宿。いったん全てをゼロにした。

奈良県は大和八木というところで「文豪合宿」に参加してきた。

主催の早夏さんは前から会ってみたいと思っていた人だ。

なんだかわからないけど、その案内を見た瞬間ピンときたので、「よくわかってないけど参加します」と書いて、すかさず申し込んだ。

申し込んでから理解したのは、ホテルに缶詰になって、強制的に「仕事(書き物)するしかない」という環境が設定されて、合宿といっても、各自が勝手にやりたいことを進捗させる、というコンセプト。

どんな人が集まるんだろう。誰か一人でもウマの合う人がいればいいなあ。誰もいなければ仕事してりゃいいわけだし。

まーわたしのバーイ、書き物時間なんていくらあっても足りないし、それに、24時間を完全に自分だけのために使える環境を必要としていた。

 

で、行ってみたら、参加者は

早夏さん&なおさん&わたしだけ

という、まあ、絶好の宇宙人会議みたいな機会だった、というわけだ(笑)

 

で。

着いた初日は、近くの「今井町」という昔の環濠集落を見に行った。

要するに浄土真宗の寺を中心として武装した民衆、「一向一揆」のアレだ。今で言う民兵組織だ。

織田信長と戦った。

商売して富を蓄えながら、武器を調達して軍事練習をしていたわけだ。

この絵で好きなのは、人間が戦っていても、猫は屋根の上で寝ているところ。

 

文化財になってる当時の商家に展示してあった火縄銃。種子島からの堺経由の、全国ルートだ。

茶室があり、茶室への入り口は商売用入り口とは別で、表向き「茶の湯を嗜みに来ましたよ」と言うテイで密室会議ができる。実際は軍事作戦なわけだが。

茶の湯。利休。イエズス会。

・・・・まあ、人類の歴史とはつくづく戦争というか、戦いの歴史なんだよなーと思った。

 

 

早夏さんとは初めて会うのに、一切そういう感じがせず。

みっちり仕事をするつもりが、翌日は明日香の方へ。

 

石舞台。敷地に近づいただけでものすごい金属音した。

光で遊んでみたw (バカ)

 

 

キトラ古墳はまるでUFOだった。高松塚も行った。

というより、内部の構造見ると、要するにピラミッドでしょ。

もうこの辺、金属音にやられっぱなしで、すぐ「お腹いっぱい」状態に。

多分ものすごい情報量が入ってきているのだろうけど、わたしたちだって一応人間だから、それがなんなのかさっぱりわからない。

 

 

さーーーー、夜は仕事したろ!と思ったものの、

・・・・・・・1ミリも捗らなかった。

ま、いいや、明日は雪だし、みっちりやればいいよ、と思って寝た、そんな翌日も、

やっぱり1ミリもできなかった。

せめて記事の一つぐらい書こうと思ってはいて、管理画面を開くものの、脳内がまったくまとまらないし、だいたい、言葉が(思考が)出てこない。

ちょっとありえない、おかしな感じだったから、わたしは早々に「もういいや」と諦めた。

 

わたしのバーイ、「なん〜〜〜〜〜にもしないで(ろくなことをしないで)1日を過ごす」という時間がめちゃくちゃ必要だと思っていたから、

あーそうか、今それをしにきているんだな、と思ったら、すごく納得いった。

それに、もしかしたら大和三山に囲まれたこの場所は、究極のゼロ地帯なのかもしれない、とも思った。

要するに、地上的な「やる気」も起きない、集中もできない代わりに、考え込むとかもなく、プラスでもなければマイナスでもない、

アゲもなければサゲもない、「な〜んでもない」超絶ニュートラルな状態の数日間に身を置いたってことかなーと思った。

「こうすれば、こうなる」という、いわば結果が先に想定できることって、

この時点でのわたしには、そんなに多くのものをもたらさないのかもしれないなー。

それが究極のデトックスなんだってことは、「タバコを吸ってもクソまずい」という実感で測ることができた。

いや、だから、考えてみればめちゃくちゃ有意義な時間を過ごすことができた。

 

いったん抜きに抜いたら、新たなものが入ってくる。

逆に言えば、抜かなければ入ってこないわけで、上乗せの積み上げには限界があるってこと。

 

で、わたしはとにかく、「横には広げる必要がない」ということを骨の髄まで腹に落とした。

とにかく、わたしの手元にあるもので、奥へ、奥へと進みたい。

浅いものをたくさん持っても役には立たない。

深く、深く、静かにひっそり奥へ進む。

ということだけを、強く決めた。

結果、そのようにしていけば、やはり同じ深度の人と巡り会える。そこからもたらされるものは莫大だ。

わたしが必要としている情報は、浅いところには存在しない。

 

まあ、そんなことを決定的に感じた、めちゃくちゃ意味ある合宿だった。

 

 

ほなまた

 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X