オサナイカオリノシゴト

KAORISSIMA ENERGY WORKS

小商いの話が楽しい! 〜「才能とスキル」の続き

誰も知らない未来を創造しよう


まー、あれです。

わたしは、多くの人、、というより「全部の人」が自分のプチ商売を「今すぐ」始められると思ってるんで、

みんながどーーーーーーーしてやんないのか不思議。。。。

プチでいいじゃないの。

始めはみんな「プチ」だよ〜。その認識大切。

 

 

けどまあ、

多くの人は、自分にはスキルがないって思い込んでるし、

スキルはあっても、どうやって始めたらわかんないからスタートに至らないし、

スタートしても、どうせうまくいくわけがないって思い込んでるし、

なんとかぽちぽちとお客を得ても、拡大するための方策が「広告」しか思いつかなかったりで

コンスタントな熱量を持って取り組んでいく前に放棄しちゃたり。

で、結論が「わたしには才能がない」というところに戻ったりするんだよね。

そして時給なんぼのパートに出るほうがマシだと思い込む。

ま、その前にアレだ、「商売」ということが「悪いこと」だと思っている人もいて、

お金を受け取れない人っていうのもいるわけだけど、

実際、その手の人たちが受け取れないのはお金だけじゃなくて、なんやかや別なもんも、という感じなんだが、

今さらそれはもう付き合ってらんない。

 

 

ちなみに、当ブログで一番読まれている記事ってなんだと思う?

実はこれ。

「才能(センス)」と「技術(スキル)」を勘違いしてはいけません

 

 

そう、それで、「小商いサポート」では何をやるかというと、

その方に、やりたいこと、できることがすでにある場合は徹底的に引き出すし、

ぼや〜んとしたやりたいことでも、脳内整理と

自分からアイディアが湧き出るように誘導するから、自分の可能性がきちんと把握できるよ。

 

闇雲に始めちゃって、迷ってる人でも同じだんだけど、

要するにコレなのよ。

 

 

で、これを自由自在に考えられたら、もう全て終わったも同然なの。

 

で、こーゆーのを一人で考えても、多くの人は視界が凝り固まってしまうんだよね。

一点しか見れなくなってしまうのが落とし穴。

でも、これを一緒に考えることで「あっ!」ていうポイントに到達して、スルッといくんです。

 

例えば、「やりたい」ことが、いきなりお金を生まないことかもしれない。

でも、例えばそれを、賛同するメンバーとかを募って活動したら、その先にどうなる?とか

一人でできる範囲がわかれば、どういうスキルを持った人と一緒になれば、実現できる?とか

 

まー、このセッションは、実はわたしが一番楽しめるセッションなんだよね。

だって、とにかく前向きな話だもんね。

それに、思いもつかなかったことや、みんなの「やってみたい」の方角を考えるって

何よりわたしにとって新鮮だからリフレッシュされるの。

 

「商いのセンス」以前に、考え方のセンスを身につければ、結構みんなすぐに始められると思う!

で、セッションフィー、初回の6万が「高い」と思うなら、その人はそもそも商いには向いていないと思います。

そんな額、すぐにリクープできる額だと思うし、リクープしたろ!という気持ちで臨む人と話したいです。

 

 

小商いサポートセッション

 

 

ほなまた!

 

 

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た不調、長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなど即効対応します



神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー



本日の記事

諏訪!知りたかった謎がちょっと解けた!
WORLD
や、ちょっと何から書いて良いやら掲題の件。めちゃくちゃ静かにコーフンしています。 ずーっと気にしていたけど、去年はあえて無視していた諏訪。ちなみにこの2年ほど行ってないし、諏訪の本も読んでない。 謎多すぎる諏訪は、わたしの中では「絡まった毛...
このタイミングでとんでもないものが眠りから覚めた
CULTURE
とんでもないものが、「今」という時代のタイミングで出る凄さ 「物部」を掘るのをちょっとおやすみしているナウ。 昨日、突然出てきた心踊るニュースに 類例なく「国宝級」発見 「盾形銅鏡」出土 奈良の富雄丸山古墳 うおおおおおおおおおおお!!!!...
マドンナ先輩
CULTURE
気がつけば、いつの間にかクチビルお化けになってしまったマドンナ先輩のことを、わたしは以前より好きじゃなくなってしまった。 いやー、もっと言えば、いつぞやの大統領選でヒラリー支持を強烈にアピールするあまり、トランプにナチの鉤十字つけたりして揶...
More
X