KAORISSIMA

りーかお総研

今年を振り返ってみる


2019という年も間もなく終了。

いつも振り返ったりしないけれど、今年はなんとなく1年に思いを馳せてみる。

というのも、わたしにとってのこの1年、ここ10年間ぐらいの集大成だった、いや、待て、10年どころかここまでの人生の集大成だったのかも知れない。それぐらいの凄まじいインパクトだった。

 

ひとつひとつのトピックスがどうというよりも、要するに自分という存在の正体を知った、ということかも知れない。

なかなか大袈裟な表現だとは思う。でも、「これってなんなんだろう?」と思う自分自身に関する疑問がひとつずつ解けていき、父の死に至るプロセスを通して確信に至った、

と、文字に書いてしまえばあまりにもさっぱりしているけど、そりゃもう凄まじかったんだよ。。。。。

 

大きなイシューは2つあって、ひとつは「男性性・女性性」の集合意識、もうひとつは「神に従事してきた人たち」の集合意識。

詳細を書く気はないが、まあ、とにかく、それらをわたしの「肉体」を通して「現象」として請け負わされ、わたしはいちいち苦しんだ。

苦しんだけれども、同時に、それを助けてくれる人たち(金子さんや紫鯨亭さん、精度が高く優秀なチャネラーの方々)や、分かち合える人たちとの出会いも同時にセットされていた、ってことはやっぱり見事な予定調和なんだよね。

そう、世界というのはすべて予定調和でできている、ということも決定的に理解した。頭の理解ではなくて身をもっての理解。

魂というもの、時空(次元)というもの、意識というもの

つまり「生」「生命」というものに対して、完全に腹に落ちた。

 

これがわかってしまうともう、

人間、恐れることは本当に何もないんだな

という、超絶「なんでもないじゃん」の境地というか

「別に。」by 沢尻エリカ

 

特にめちゃくちゃ陽気でいる必要もなく、特別凹む必要もなく、

普通

それも「超普通」っていうのが到達地点でもあり日常でもあり、なのかな、とか。

(俺は釈迦か?)

 

まあ、とにかく、世の中というのは本当にうまいことできている。

ということが、身にしみてよくわかった。

 

全世界、というか地球としても新しい次元に突入したし、

わたしのこれまでの半生も、ある意味「終わった」んだよ。つつがなく終了。

 

で、終わったってことは、始まったってこと。

だから敢えての「普通を破る」がニュービギニングなんだと思う。

 

「普通」とのギャップを敢えて作り、そこに飛び込むこと。

これまで抵抗を感じていたものに、敢えて踏み込んでみる。

それにはやっぱりアクションだよ。

それが今以降の世界の楽しみ方になるんだろうね。

その意味で、これまでとは違って

「敢えて自分ができなかったこと、やってこなかったことを見つめる」ってのが必要かもしれないね。

 

エネルギーはあなたに変容を促す事象を送り込むことはできるけど、肉体を持っている以上、アクションすることが人間のテーマ。

だって体験するために生まれてんだから。

 

 

読んでくれてありがとう!

またね〜

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た体の不調や長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなどへの対応45分


神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー


りーかお書店


本日の記事

いーろんマスクのヒューマノイド
LIFE
いーろんマスクさまがヒューマノイド型ロボットをいよいよお披露目したわ。 見てこれ。 STOP!映画泥棒 かと思ったわよw(わかる?) https://www.youtube.com/watch?v=UXHoWNfjJYM お花にお水やったり...
孤独死は悪なのか? 〜虚飾の中を生きた人
LIFE
仲良くしている某寺のA和尚から連絡あり、我が実家付近にお住まいのある方(Xさん)についてなんだけど、、、、と切り出された。 即座に「亡くなったのだな」と察して、話の続きを聞いた。   Xさんは孤独死だった。姉がいるが絶縁状態。さら...
気になる「磐井の乱」
CULTURE
既知外の皆様   リアル既知外な、どーでもいい話です。 夢で、誰かが知りたかった歴史解説をぜ〜〜んぶしてくれて、めっちゃわかった!んだけど起きたら忘れてしまったの。という話。     宮地嶽神社で見た、あの日本...
More
X