KAORISSIMA by メッセージを伝えるアクセサリー

by KAORI OSANAI

虫愛づる姫君

そーゆーわけでありますからして、現在この作業場には、おびただしい数のマリア像とともに、おびただしい数のアゲハの幼虫さんがいるわけでして、

冷静なお方がご覧になったら、ま、はっきり言って

町工場以上のカオス

でありましょう。

つまり「この人頭おかしい」の典型例ですね。ええ、ええ、そうでしょうとも。

しかし立派なオトナとなった醍醐味とは、

どんなに頭おかしいと思われようと、ぜんっぜん平気!

と好きなだけ没頭できるところにございますよー。

人サマに「マトモ」と思われるために生きているわけではございません。

 

 

そして毎年毎年この、幼虫さんを保護する季節は、決まって

虫愛づる姫君

の話を思い出しては、ひとかたならぬシンパシーを覚えるでございますよ。

 

平安時代でしょ?その姫君。

実在の人物なのかなー、、、、、と考えを巡らせるに、どう考えても「わたしそのもの」としか思えない。

「そうであっても、外聞が悪いよ。人は、見た目の美しいことを好むものだ。気味の悪い様子の毛虫をおもしろがっているそうだと、世間の人の耳に入るのも、たいそうみっともない。」と申し上げなさると、(姫君は)「気にしません。全てのことを究明して、終わりを見るからこそ、物事ははっきりとわかるのです。(見た目などと)とても幼稚なことです。毛虫が蝶となるのです。」(と、)毛虫が蝶になり変わるところを、(実物を)取り出してお見せになった。

「衣服といって人々が着るものも、蚕がまだ羽のつかないうちに作り出して、蝶になってしまえば、全く相手にせず、役立たずのものになってしまうのですよ。」とおっしゃるので、(親たちも)言い返すこともできず、あきれている。

手に取るようにわかるこの心理WWWW

って、彼女の言ってることは真理だよ。

 

だけど、もしこの姫君に会ったら仲良くなるかっていうと、別にお互い分かりきってるから特に話すことはないんだろうな

お互い、虫自慢するってガラでもないわけだしね

と思ったら、なんかじわじわウケる。

 

 

どーでもいいけど、

この人たち(幼虫さん)の行動ですんごい面白いと思うのは、

自分の行く手に糞があると、めちゃ怒るんだよ。

自分で糞をくわえて、ポイッて遠くに投げるんだよ。

神経質な人はかなりの量を片付けないと気が済まないみたい。

普段木の上にいるわけだから、目の前に糞がある状況ってのが許せないんだろう。

・・・・だから床に落ちた糞を毎日掃除してやってるわけ。

でもさ、糞ていっても、原料は「100%山椒」だよ。

姫君様なら、それは侍女の仕事だっただろうから、そりゃ陰でブツブツ言われるだろうよw

 

 

ま、なんでも古典て面白いよね。

 

ほんとどーでもいい話w

 

 

ほなまた!

 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X