KAORISSIMA

りーかお総研

カステラをめぐるすったもんだ


笑うわーーー

まるちゃん(うちの母)はカステラ好き。

だけどめんどくさいことにカステラなら何でもいいかってゆーと、またそういう話でもない。

文明堂はダメ、福砂屋しか食べない。

いちいちうるせーな、と思いつつも、そこは「はいはい、福砂屋ね」となるのが娘というもの。

長崎にて、念の為「カステラいる?」と打電したら「もちろんいる!」というから、まあ福砂屋で送ればいっか、と。

 

ここからややこしくなったWWWWWWW

 

松翁軒も福砂屋も、宿の至近距離に並んであったけど、松翁軒はまだ開いてなかった。

ちなみに福砂屋は市内のいたるところにあり、特に希少価値を感じるわけではなかったよ。

松翁軒は最後に空港で見つけたからそれも買ってやった。

 

「仕方なく文明堂食べてた」とか、食いもんにはいちいちやかましいからめんどくセーなと思いつつも、かわいらしいな、と笑ってしまう。

「松翁軒」というのは、子供の頃にじいさん(てか、母の父)が買ってきただか、どなたかにいただいただかで、めちゃくちゃ美味しかった記憶があるんだって。

でも東京では買えないと。

渡したら、美味しい美味しいと喜んで食べてた。

「やっぱりこうじゃなきゃダメなのよねえ」とかなんとか、ひとしきり講釈を垂れるまるちゃん。

何度聞いたかわかんない話も、まあ、ご愛嬌。

 

そんなに言うならと検索したら

「あれ、オンラインで買えるよ?」

「いやよ!通販なんか!」

WWWWWWWWWWW

通販はダメだけど「お取り寄せ」は大好きなくせに。

どう違うのか意味が全くわからない、というかわたしは本当はわかっていて、多分「電話して買う」はお取り寄せで、「サイトで買う」は通販なんだろうWWWWW

けど、まあ、かわいらしいというか、いちいち一悶着がおもしろい。

 

で、さらに今日は、送った福砂屋が「2本あってもしょうがないからあなたたち食べなさいよ」と言って持ってきたw

カステラ飛び交う数日間。

 

しかも、どうやら「カステラねた」というのは、どこの家、どこの母にもあるものらしく

友達連中から「うちの母もカステラにはうるさい」というコメントがいくつも。

そういう世代って、あるんだよなあ。なんかほっこりする。

きわめつけはこのエピソード

 

もはや「カスティーリャ地方のパン状のもの」ではとっくになくなった日本の「カステラ」。

時代の荒波をかいくぐって衰えない、日本のお菓子。

伝えたポルトガル人もめちゃくちゃ喜んでいるだろう。

 

 

しかしそれにしてもしみじみする。

昨年までだったら、こんな他愛のないやりとりが、まったくできなかったわけだから。

今はなんでも愛おしいし、いちいち笑える。

こないだ仙台から送った笹かまぼこも「お父さんが選んでたやつと違う。これは二度目はないわ」と一刀両断だったことさえ、

かわいらしいなと思うのが今のわたしというものだ。

食べ物でガタガタいうのは、実に平和なことだもの。

 

全てがありがたいと思う、年末の夕暮れ。

ほなまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た体の不調や長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなどへの対応45分


神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー


りーかお書店


本日の記事

イザナミの死が意味するのは人類のタイムライン
CULTURE
いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜 何十年ぶりに「応援したくなるチーム」だった、日本のサッカー。勘違いしたヤツ、バカづらしたヤツが一人もいなくて、基礎技術がしっかりした締まった良いチームだった。 正直、日本チームってもう何十年「惜しい!」とか思ったこと...
ディープ出雲の旅 〜美保神社
りーかお総研
さてさて、旅の話を記していこうと思います。   今回は、米子INの出雲OUTという変則でエアを取りました。 米子「鬼太郎」空港のマットがかわいらしくて写真を撮りました。 米子といえば、わたしにとっては昨年この世を去った友達の故郷で...
More
X