KAORISSIMA

ENERGY BOUTIQUE

カステラをめぐるすったもんだ

笑うわーーー

まるちゃん(うちの母)はカステラ好き。

だけどめんどくさいことにカステラなら何でもいいかってゆーと、またそういう話でもない。

文明堂はダメ、福砂屋しか食べない。

いちいちうるせーな、と思いつつも、そこは「はいはい、福砂屋ね」となるのが娘というもの。

長崎にて、念の為「カステラいる?」と打電したら「もちろんいる!」というから、まあ福砂屋で送ればいっか、と。

 

ここからややこしくなったWWWWWWW

 

松翁軒も福砂屋も、宿の至近距離に並んであったけど、松翁軒はまだ開いてなかった。

ちなみに福砂屋は市内のいたるところにあり、特に希少価値を感じるわけではなかったよ。

松翁軒は最後に空港で見つけたからそれも買ってやった。

 

「仕方なく文明堂食べてた」とか、食いもんにはいちいちやかましいからめんどくセーなと思いつつも、かわいらしいな、と笑ってしまう。

「松翁軒」というのは、子供の頃にじいさん(てか、母の父)が買ってきただか、どなたかにいただいただかで、めちゃくちゃ美味しかった記憶があるんだって。

でも東京では買えないと。

渡したら、美味しい美味しいと喜んで食べてた。

「やっぱりこうじゃなきゃダメなのよねえ」とかなんとか、ひとしきり講釈を垂れるまるちゃん。

何度聞いたかわかんない話も、まあ、ご愛嬌。

 

そんなに言うならと検索したら

「あれ、オンラインで買えるよ?」

「いやよ!通販なんか!」

WWWWWWWWWWW

通販はダメだけど「お取り寄せ」は大好きなくせに。

どう違うのか意味が全くわからない、というかわたしは本当はわかっていて、多分「電話して買う」はお取り寄せで、「サイトで買う」は通販なんだろうWWWWW

けど、まあ、かわいらしいというか、いちいち一悶着がおもしろい。

 

で、さらに今日は、送った福砂屋が「2本あってもしょうがないからあなたたち食べなさいよ」と言って持ってきたw

カステラ飛び交う数日間。

 

しかも、どうやら「カステラねた」というのは、どこの家、どこの母にもあるものらしく

友達連中から「うちの母もカステラにはうるさい」というコメントがいくつも。

そういう世代って、あるんだよなあ。なんかほっこりする。

きわめつけはこのエピソード

 

もはや「カスティーリャ地方のパン状のもの」ではとっくになくなった日本の「カステラ」。

時代の荒波をかいくぐって衰えない、日本のお菓子。

伝えたポルトガル人もめちゃくちゃ喜んでいるだろう。

 

 

しかしそれにしてもしみじみする。

昨年までだったら、こんな他愛のないやりとりが、まったくできなかったわけだから。

今はなんでも愛おしいし、いちいち笑える。

こないだ仙台から送った笹かまぼこも「お父さんが選んでたやつと違う。これは二度目はないわ」と一刀両断だったことさえ、

かわいらしいなと思うのが今のわたしというものだ。

食べ物でガタガタいうのは、実に平和なことだもの。

 

全てがありがたいと思う、年末の夕暮れ。

ほなまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会いに来て!いろんな個人セッションやってるよ!

りーかお総研では大真面目にソースエネルギーについて研究しています

マリアグリッドに関するすべての情報はこちら

Kaorissima マリアグリッド 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X