KAORISSIMA

ENERGY BOUTIQUE

無条件に愛情を注ぐことで満ちる心もある

男性性とか女性性とかのめんどくさい話は置いといて、

人はやっぱり、愛情を注ぐ対象をもつことで自分が潤うんじゃないかなって思う。

「愛されていない」よりも「愛する者がいない」ほうが蝕まれるというか。

愛情を注ぐって、何も地上的な男女の話だけじゃなくて、例えば家族だったり、犬や猫だったり、「反応がある」生き物ならなんでも。

すごく広い範囲でのことを言っている。

 

 

毎年、この時期になるとイモ活でせわしないんだけど、物言わぬ虫たちのお世話をさせてもろてることで、自分自身に何かが満ちるのを感じる。

今日は狂ったように右往左往するイモ子たち、「もしかしてまだチビだから若い葉っぱしか食べられないのかな」と気づくまで数時間かかった。

若い葉っぱを入れたら落ち着いて、うんこ出して、ムシャムシャ食べ始めた。食べてくれたの見て安堵する。

ごめんよごめんよーーーー、わたしが鈍かったんだねーーー(涙)

 

女性は愛されることで満ちるのは当たり前だけど、同時に「面倒見る」とか「育む」ことでも満ちるんだよなあ。

そういう「しくみ」がなけりゃ、人類として子育てなんて不可能だろって思う。

 

 

夫婦なんかも同じなんだろうなあ。

「世話焼きすぎ」で破綻するケースもあるけど、基本的には愛情を込めて食べ物ひとつ作ることは大切なんだろう。

・・・ということを何周か廻って、いま新たに気づき始めた。

ジェンダーギャップ解消とかなんとかも、非常に大切なことではある。それは間違いない。

それに逆行するようなふうに聞こえるかも知れないけど、でも、やっぱし、そういうことなんじゃなかろうか。

「安心して食べられるものを用意する」ということは、なんつーか「人のためならず(自分に循環してくんよ)」なんじゃないのかなあ。

やだなと思うことにフォーカスしないで、何らか意味性を見つけることも人としてのスキル養成でもある。

そんで、それは何に置いても結構大事だ。

 

まったくなつかない黒猫、その名も「クロ」は5年間毎日ご飯を食べにくる。

生粋の野良だからミャアひとつ言わない。

それでもわたしのいる部屋の網戸をガリガリして「メシよこせ」と主張する。気に食わないエサは絶対食べない。

でも手を出すと引っ掻く。

それでもクロと我が家に何がしかの信頼関係はあって、「ここにきたらメシくれる」だけは彼女は疑っていないんだということが

なんだかいじらしく、かわいくないけどかわいいなと思うから不思議なものだ。

ペットを「買って」、なつかないから「捨ててしまう」みたいなバカがそれなりの数いるようだけど、まあ、悲しい人たちだなと思う。

「距離感の縮め方」というものを学ぶチャンスなのにね。

 

 

え、なんの話だっけ?

 

 

ほなまた

 

 

会いに来て!いろんな個人セッションやってるよ!

りーかお総研では大真面目にソースエネルギーについて研究しています

マリアグリッドに関するすべての情報はこちら

Kaorissima マリアグリッド 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

ショップセレクトアイテム

X