オサナイカオリノシゴト

KAORISSIMA ENERGY WORKS

誰も知らない過去の話は、誰も知らない我々の未来の話

誰も知らない未来を創造しよう


既知外の皆様

昨日は「古代史」、いわゆるミシマミゾクイ問題(問題なのか?)の会でした。

あまりにマニアックで複雑な、かつ「誰にも答えがわからない」話だから、こんなのに付き合ってくれる人は3〜4人でもいれば嬉しい

と思っていたのに、蓋を開けてみたら15名のお申し込み。

素直に、これは嬉しかった!

それはつまり、「誰にも答えがわからないこと」について、真剣に考えようとする人がこれだけいてくれるんだ!という実感を持つことができた喜び。

この話って「誰も知らない過去の話」と見せかけて、

実際は、「我々の未来の話」なんだよね。

だから、「考えること、知ることが大事なんですよ〜」と大げさに呼びかけなくても集まってくれた人は仲間だと感じる。

 

言うまでもなく、この国に限らず、これまで「本当のこと」は隠され、歪曲され、隠蔽されてきた。

これが明らかになる過程では、「誰が」「どのように」捏造してきたのか、に関心を持つことになる。

その際、捏造してきた人間や機関、組織、指導者などに批難を向け、それらを「悪もん」としてあげつらう事に興味がある人、糾弾して溜飲を下げる人もいると思う。

しかし、少なくともこの件において、そこはわたしの最終的な焦点にはならない。

わたしが知りたいのは、そこまでして封印してきた「理由」の方だ。

つまり、あまりにも強力なパワーの封印が解かれたらどうなるのか?

興味はそこ一点と言ってもよい。

そして、それを知るために、遡ってプロセスの理解が必要だと考えている。

 

今、ものすごい勢いで、時代が変わろうとしている。

本当にあちこちで、隠されていたものが封印を解かれる。

「この国の正体」の件は、もしかしたら「地球文明の正体」につながるかも知れなくて、

支配者は、いかにして争いに勝ち、トップに立ち、他の人を支配する仕組みを作ったのか

人間を弱体化させる最たるものは何なのか

それがわかれば、我々はそれを受け入れなければいいだけのことなので、

清々しく生きられるだろう。

わたしは、この世にはびこる「区分」や「差別」「劣等意識と優越感」「制限」

それらすべてが呪縛だと思っている。

自ら自分を封印したがる人(=基地内)の存在は悲しいけれど、もはや打つ手なしなので、

人が根本的に認識を変える、「あっと驚くような事」が明るみに出ないかなーと思っている。

それでもやっぱり基地内にいたがる人は基地から出ようとはしないのだろう、ということもわかっているけど、

ミゾクイ問題はその一端を担っているような気がしてならない。

 

この「勉強会」シリーズは際限なく続けることができると思う。

わたしの脳みそ、ゴチャゴチャ詰まったおもちゃ箱の中身を床に広げることで、

参加の皆さんのおもちゃ箱も開く事になればいいなと思ってます。

次回は「飛騨口伝」の紹介をして、引き続きミゾクイ問題は続くよどこまでも。

 

参加してね!

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た不調、長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなど即効対応します



神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー



本日の記事

諏訪!知りたかった謎がちょっと解けた!
WORLD
や、ちょっと何から書いて良いやら掲題の件。めちゃくちゃ静かにコーフンしています。 ずーっと気にしていたけど、去年はあえて無視していた諏訪。ちなみにこの2年ほど行ってないし、諏訪の本も読んでない。 謎多すぎる諏訪は、わたしの中では「絡まった毛...
このタイミングでとんでもないものが眠りから覚めた
CULTURE
とんでもないものが、「今」という時代のタイミングで出る凄さ 「物部」を掘るのをちょっとおやすみしているナウ。 昨日、突然出てきた心踊るニュースに 類例なく「国宝級」発見 「盾形銅鏡」出土 奈良の富雄丸山古墳 うおおおおおおおおおおお!!!!...
マドンナ先輩
CULTURE
気がつけば、いつの間にかクチビルお化けになってしまったマドンナ先輩のことを、わたしは以前より好きじゃなくなってしまった。 いやー、もっと言えば、いつぞやの大統領選でヒラリー支持を強烈にアピールするあまり、トランプにナチの鉤十字つけたりして揶...
More
X