KAORISSIMA

りーかお総研

(1/100)マリアグリッドが世界に広がってほしい


今日から2月!

タイトルに(1/100)とあるのは、今日から100日連続で記事をアップする、というチャレンジに参加することにしたため。

中身はこれまで通り普通に書くよ。

これね、なんとな〜くやってみようかなとひらめいただけなんだけど、ほら、今年はなんか「努力したい」っていうのがあったでしょ。

人が決めたルールを守ることが死ぬほど苦手なわたしだから、あえてルールにトライしてみようと思ったのよw

(それ努力なの?)

(うん、そう)

だけど後から考えたら、わたしの作るものがエネルギーに敏感な人たちにもっと知ってもらえたら嬉しいな、と思ったの。

 

で、このタイミングに合わせたかのように、マリアグリッドが完成して、

あー、やばい、これは多くの人に知らせるべくして、そうなってるのかな、とも思った。

今ね。今、思ったのよ。

 

あ、今日初めて読んでくれる人のために、マリアグリッド誕生のプロセスを改めて貼っておこうかな。

聖母マリアのヒーリンググリッド

マリアグリッドでわたしの変容が始まったかもしれない

マリアグリッドは凄いツールかもしれない

信じられないけど、母の変容を確認した(!)

 

 

で、

マリアグリッドはすでに、今までの一連のFB写真でピンと来てる人たちからメッセージをもらっています。

まだ、2セットしかできていないし、これからも大量生産はできないから予約販売になるのかな。。。。

受注会をする方がいいのかな。

(誰か考えてくれーーーーーーーーーーーーー!わたしは制作に集中したいーーーーー)

金額もまだ未定。

むしろ金額は、グリッドに聞こうと思っている。これはもう、そういう類の商品だと思っているの。

ちょっと今まで提供してきたものとは、なんていうかレベルが違うのよ。

それは、今までのプロセスを見守ってきてくれた人には伝わってると思う。

 

わたしね、このグリッドが本気で世界を救うと思ってるの。

だって、個々の周辺のエネルギーが勝手に調整されていくわけだから、これが広まればあちこちで一斉に浄化が促進される。

正直、今まで自分の手から出たどんなアイテムも

「これはすごい!」という体感的な実感を、わたしはもったことがなかった。

だからいつも「わたしにはわからないけど、すごいらしいですよ?」としか言ってこなかったでしょ。

正直だから。

 

でも、マリアグリッドは違う。

本気で「これはすごい」って言えるもん。

これ、わたしにとってはまさに

革命的

なこと。事件とも言える。

 

だからヒーラーさんとか、チャネラーさんとか、そういう人たちはもちろんのこと、

その辺の人たち(もう誰でも!っていう意味)に所持して、時々並べてもらいたい。

(ここまで推したくなるって、自分としては前代未聞級に驚いてるよ)

全世界に向けて販売したい。

そうしようと思った。今!

 

協力するよ!っていう人が出てきてほしい!

 

 

読んでくれてありがとう!

またねー!

 

 

 

 

 

「自分の壁」を破って進化したい人は個人講座へどうぞ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

急に来た体の不調や長引く痛みや術後の回復、メンタルダウンなどへの対応45分


神聖幾何学には生命の根源に関する情報が含まれています。
わたしたちの細胞は幾何学、体内はクリスタルです。
マリアグリッドは神聖幾何学とクリスタルとの組み合わせによって、あなたが本来の力を取り戻し、大いなるものと共に生きることを助けます。
毎日わずか30秒。やがて大きな変化に気づく日が来ます。


提供しているセッション


りーかお総研ビデオセミナー


りーかお書店


本日の記事

どんどん喧嘩したらええやんけ!!!
MIND
大王製紙の元会長さん。ちょっと注目しているの。すげーーーーー面白いと思う。 この方、ギャンブルでとっつかまったことで有名だけど、そもそもただのバカなら会社を黒字経営したりなんてできねーから。 生まれながらにあらゆる富と地位を持ち合わせて、お...
ガンガンにじり寄ってくる物部
CULTURE
もうやだ! 物部関連の情報が、勝手に寄ってくる!!!!!   今日は秋田に帰省中のお友達が、例の秋田物部氏ゆかりの唐松神社からのライブ中継をしてくれまして、ほぉおおおお!と思ったわけなんだが、 あまりにもなじみあるこの紋。我が母方...
言える空気じゃなかったから言えませんでした。
MIND
既知外の皆さま またか!と思われようとも、やっぱ記しておく。   そもそも、 ジャパンみたいに資源も人口も少ない国が、アメリカみたいなでっかい国相手に戦争しようと思ったこと自体が「間違い」だった、という正論中の正論。 そりゃそうだ...
More
X