KAORISSIMA

ENERGY BOUTIQUE

人物 | KAORISSIMA ENERGY BOUTIQUE(カオリッシマ )

Tagged
星の導きで太陽の塔に連れていかれた
LIFE AND DEATH
とにかくとっても小さかった頃、父方の祖母と叔母に連れられて、新幹線で大阪に行ったのは、一体いつのことだったのだろう。 「かおりちゃん、初めての「ひかり号」ね!200キロ出るのよ」と、なぜか祖母の方がワクワクしていた風だったのは、戦前、戦中、...
ユーミンのライブに行った。ハンパなかった。
music
いにしえの時代より、ビジュアルっていうのは要するに「暗号」だから、「わかる人には、わかる」ようになってる。 わからない人にとってはただの絵に見えるけど、わかってる人には「おお、、、、」というメタファーになる。だからこその「意匠」なわけだ。 ...
横尾忠則展
LIFE AND DEATH
本日は現美の横尾忠則展へ。 すさまじい。。。現存する芸術家の「大回顧展」みたいな点数。 (これらの写真は5年ぐらい前に十和田市美術館で見た時のもの。今回のは撮影禁止だよ)   思えば、こっちが小学生の時から既にポップ・スターだった彼が、いまだ現役で創作を続けているということだけでも、なんたることかと思ってしま...
グルーヴ!アガる曲、アゲる人、そしてアゲられてサゲられる仕組み #オバハン回顧録
music
こないだ友達がシェアしていたこれ! 気分超良くなるからちょっと見て〜〜〜〜〜〜 https://youtu.be/qBXmJosemaY めったくそアガったわーーーーーーーーー。 このオバハン、ヴォーカルコーチの人、ものすんごいんだよ。オペラのアリア指導までできるんだもの。 アゲ方、ノセ方と、ダメ出し、軌道に乗せ方が絶...
おっかない辰巳芳子先生。でも言ってることはグーの音も出ない正論
LIFE AND DEATH
全文読む価値がある婦人画報の記事。 【実録 伝説のスープ教室】辰巳芳子 哲学する料理家 大御所中の大御所、辰巳芳子先生。料理界のクイーンエリザベス二世。 おっかないんだもの。出てくるだけで戦慄w 写真見るだけで既に怒られてる気分になる、すごい方よ。   おっかないけど、、、、、でもその通りなんだよな。。。。 ...
自分を罰し続ける清原と、自分を赦した高知。
LOVE AND LIFE
すんごい思うところある。すんんんんごい、思うところあるわーーーーーーー。 何がって掲題の件よ。 本当はキモの部分だけスパッと書きたいの。でも、それは「やってはいけないこと」のような気がしているの。ご本人たちに失礼なことなんじゃないかって思うの。 でも、もしかして同じ心理的傾向の人の参考になるかも知れないから、わたしなり...
成熟とは、自分の感情と折り合いをつけられること
LIFE AND DEATH
昨日は朝っぱらからプチ断捨離(この言葉嫌い)を致しまして、買ったけど履いてない靴(ないことにしていた存在たち)を荼毘に伏そうと思ったら、もらってくれる人がいて、嬉しくって3足もってってもらった。 整理が悪いせいで、サランラップとかホイルとかストック5本ぐらいあるじゃん!!!てゆーのに都度買ってる(しかもバカだから1本買...
百合子というけったいな人物
どうでもいい話
みんな大好き百合子! っていうか、わたし気づいたのよ。実は修道院時代からナニゲに百合子ネタが多いとw   このタイミングでぶっ倒れてご入院とか。 https://yukawanet.com/archives/koike20210623.html ま、元気でもブーーーー!倒れてもブーーーー! 人気者だわ、百合子...
わたしが買った本を読まないのは、読む時間がもったいないから
LOVE AND LIFE
横尾忠則『言葉を離れる』。 昨夜から読み始めて、この本買って本当に良かった!と思った。 言葉を離れる、ということは、知識から離れる、文字から離れる、本から離れる、ということだ。     わたしは毎月アホみたいにたくさんの本を買う。というか自分でわかっている、アホそのものだ。 でもほとんど読まない。買...
横尾忠則さまと松茸と永谷園松茸のお吸い物
LIFE AND DEATH
横尾忠則さまも、後から考えると、わたしの人格形成に多大な影響を与えてくれた人の一人だなあ。 もちろん、子供時代に好きだったTBSドラマ「ムー」のタイトルバックから始まってることは、同世代なら説明不要だと思う。 あーゆーものは、大人になってからアーダのコーダの理屈をつけて受け止めるものと違って、透明な水に絵の具を垂らすが...
X